GATTA(ガッタ) > Bodymake > 目指せ「華奢見えボディ」!簡単ヨガポーズで憧れの鎖骨ラインに
bodymake

目指せ「華奢見えボディ」!簡単ヨガポーズで憧れの鎖骨ラインに

2017.12.27 21:40

同じ背格好で、体型も似た感じのような気がするのに、あの子は華奢に見えて、私はなんとなく着膨れして見える。そんな悩みはありませんか? ダイエットをして痩せても、なんだか丸みのあるシルエットは変わらない。

それは、“鎖骨が埋まって肩が丸まっているから”かもしれません。そこで今回は、ヨガインストラクターである筆者が、“華奢な鎖骨のラインを作るヨガポーズ”をご紹介します。

 

鎖骨のラインは真っ直ぐ?

猫背の姿勢が定着してしまうと、肩が前方へ入り込んでしまう”巻き肩”になります。この姿勢になると、首がすくんだようになり、鎖骨のラインが斜めになります。このシルエットがなんとなく着膨れしたり、太って見える原因の一つ。

特に冬のニットを着ると、肩周りが丸く見えて、余計に太った印象になります。華奢な印象の女性の鎖骨はまっすぐのラインで、鎖骨がきちんと浮き出ています。これは肩と肩甲骨があるべき場所に収まっている証拠。華奢に見えるポイントは、鎖骨のラインにあるのです。

 

巻き肩と鎖骨を整えるポーズ

(1)正座で座るところからスタート。

出典:https://gatta-media.com

(2)両手をお尻の後ろへ下ろし、手の指先はお尻側へ向けておきます。

(3)息を吸いながら、両肩を後ろへ引き、胸を引き上げて。(鎖骨を真っ直ぐにするイメージを持ちながら肩を後ろへ引きましょう)

(5)肩甲骨同士をさらに寄せるようにして20秒ほどキープ。

出典:https://gatta-media.com

※後ろから見て、両肩と肩甲骨が背中側へ引き寄せられているのがわかるくらいに、胸を起こし、鎖骨、肩、肩甲骨を意識して!

出典:https://gatta-media.com

 

 

鏡を見て、自分の鎖骨のラインをチェックしてみてください。鎖骨が斜めになっていませんか? 鎖骨は浮き出ていますか? 肩の位置はどう? チェックをしてみて気になる方は、巻き肩をケアして、着痩せする冬の華奢なラインを作っていきましょう。

 

【関連記事】

※ デコルテ美人を目指したい!肩こりケアもできる「肩甲骨エクササイズ」

※ 朝にスッキリ!美姿勢ポーズで気持ちのいい1日をはじめよう

 

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」