GATTA(ガッタ) > Bodymake > それって骨盤のゆがみかも?お腹スッキリ簡単エクササイズ
bodymake

それって骨盤のゆがみかも?お腹スッキリ簡単エクササイズ

2017.12.10 22:00

ダイエットをして痩せたけれど、なんだかお腹だけがたるんでポッコリ見える。

そんな悩みがある方は、お腹だけのアプローチではなく、姿勢を支える筋力からフォローしていく必要があります。

今回はヨガインストラクターである筆者が、お腹もスッキリ、姿勢も美しくなる方法をご紹介します。

 

骨盤の位置どうなっていますか?

お腹周りのお肉が落ちない原因は様々ですが、姿勢の悪さからくる骨盤の前傾や後傾のせいで、腹筋がいつもお休みした状態になっているのも原因の一つ。

骨盤が前に倒れている前傾姿勢では、背中から腰が反っている姿勢になるので、腰に負担がかかるだけでなく、体幹を使って姿勢を支えにくくなります。

また骨盤が後ろに倒れている“猫背姿勢”では、背中が丸まった状態のせいでの肩こりや冷え、ぽっこりお腹の原因にも。

 

お腹周りだけのアプローチよりも「背筋」と一緒に

お腹周りのお肉をどうにかしたいと思ったら、まずは骨盤の位置を修正しましょう。ですが、体は一箇所だけの動きで整うものではなく、全身が協力しあって動き、支えています。

骨盤を正しい位置に修正するのにも、腹筋だけのアプローチではなく背中、肩甲骨、お腹、お尻、股関節、脚と全てがバランス良く動ける状態が大切です。

 

ぽっこりお腹にアプローチ(動かす)

(1)立った姿勢から始めます。

(2)両足を腰幅に開く。両手を後頭部へ置き、腰(骨盤)を床に対してまっすぐになるように立てましょう。

出典:https://gatta-media.com

(3)足の付け根から体を曲げ、次に膝を曲げることを意識しながら、お尻を後ろへ突き出していきます。反対にお腹は下腹部からみぞおち、胸へと引き上げるように、背中側とは逆方向へ伸ばしていきましょう。

出典:https://gatta-media.com

(4)下腹に力が入る位置を確かめ、その位置からゆっくりと元の姿勢へ戻ります。

(5)背中が丸まらないように意識しながら丁寧に10回繰り返しましょう。

 

お腹に喝!力を入れる(留める)

(1)四つん這いの姿勢から始めます。

(2)息を吐きながらお腹を凹ませていきます。下腹から少しずつお腹をみぞおちの方向へ引き上げ、さらにお腹を背中に引きつけるように。

(3)できるだけしっかりとお腹を凹ませたら、ぐっと力を込めて5カウントキープします。思い切り力を込めて保ってください。

出典:https://gatta-media.com

(4)終えたらお腹を緩めて呼吸を整えます。

(5)1日に3セットほど行ってみましょう。

 

いかがでしたか?ぽっこりお腹は、骨盤の位置が整えば変化が現れてきます。ですが、それを維持していく姿勢が必要です。

まずは毎日2週間行ってみて、そのあとは3日に1回と回数を減らしながら試してみてくださいね!

 

【関連記事】

※ ヨガインストラクター直伝!「自宅でプランク」 効果UPのポイント

※ たったの10秒1ポーズ!たるんだお腹を鍛えるヨガ

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」