GATTA(ガッタ) > Interior > 「モノがすぐ増えてしまう」という方へ。パターン別・行動改善のヒント
interior

「モノがすぐ増えてしまう」という方へ。パターン別・行動改善のヒント

2017.12.06 20:00

お片付けに困っている方のお悩みで、「モノが捨てられない」と同じくらい多いお悩みが、「モノがすぐ増えてしまう」というもの。

筆者宅の場合、筆者自身もお買い物好きで、気をつけないと増やしがちですが、それ以上に夫がすぐモノを増やしてしまうタイプです。

最近は夫に対しても「なるべく余計なモノを増やしてほしくない」とお願いするようになったため、 以前よりはモノの流入を減らすことができるようになってきました。

そこで今回は、筆者宅でのよくある例を参考にした、モノを必要以上に家に入れないためのヒントをご紹介します。

 

タダほど高いものは無い!? いただきモノ

出典:https://gatta-media.com

 

まずは、いただきモノや試供品など「タダでもらってくるモノ」たち。

以前筆者宅でとても多かったのが、夫が出張先でもらってくるホテルのアメニティグッズ。一時は増えすぎて、シャンプー類は各20本くらいずつ、ハブラシも30本くらいあったときもありました。

使ったり捨てたりして、ようやくかなり減らし、最近は「もう要らないから大丈夫」と夫に念押ししています。

その他、人からのいただきモノやお下がりなども不良在庫になりやすいアイテムですが、確実に使うと思ったもの以外は勇気を出してお断りするのも大事なポイントです。

 

<いただきモノの行動改善のヒント>

・タダの試供品などは必要以上にもらわない
・もらったら早めに使い切って不良在庫にしないよう注意する
・使わないと思ったら断る

 

そんなに必要!? 日用品・食材のストック

出典:https://gatta-media.com

 

続いては、日用品や食材のストック。筆者宅では、夫が『コストコ』や『ドンキホーテ』などの量販店に行くと、大量買いしてしまうタイプです。

洗剤などは、「そんなサイズ売ってたの?」と驚くほど大きいボトルで買ってきて収納場所に困ったり、よく食べるお菓子なども100個入りなどの業者サイズを買ってきたりします。

ワンオペ育児のため、なかなか買い物に行けない筆者宅ではありますが、最近思うのは「焦って買わなくても意外と大丈夫」ということ。

洗剤なども、詰め替えてから次にストックを使うまで数週間〜1ヶ月くらい持ったりしますし、ネットスーパーなら朝注文すればその日のうちに届きます。

そのため、“ストック品は必要最小限に、買いすぎ注意”です。

 

<ストック品の行動改善のヒント>

・ストック品は収納場所をイメージしてから買う
・焦って買わなくても意外と大丈夫。買い過ぎに注意する

 

「あったら便利そう」というモノは一度よく考える

出典:https://gatta-media.com

 

そして最後はホームセンターなどでよく売られている便利グッズ系。筆者宅の夫の場合、お掃除グッズなどの日用品を結構買ってしまいます。

ただ、こちらも最近思うのは「あったら便利かも」は、意外と「なくても大丈夫」ということ。便利グッズ系の多くは、他のモノで代用できることも。

そのため、便利グッズ系は本当にそれでなければダメか、見極めてから買うことが大切です。

<便利グッズ系の行動改善のヒント>

・「あったら便利そう」というモノは本当に必要か見極める
・家にあるモノで代用できないか考えてみる

 

ご自身がそのタイプの場合は気をつければ済むことですが、家族が増やしてしまうタイプの場合、意外と大変。

改善のためには根気強く言い続けるしかないと思いますので、しっかりご家族とコミュニケーションをとって、必要以上の流入を減らせるようにしたいですね。

 

【関連記事】

ズボラさんでも大丈夫!「掃除しやすい部屋」を実現するポイントとは

すぐに汚部屋に元通り…今すぐできる「お片付けリバウンド」対処法とは