GATTA(ガッタ) > Hair > 「自分はまだ大丈夫」と思ってない?今からやるべき薄毛ケア3つ
hair

「自分はまだ大丈夫」と思ってない?今からやるべき薄毛ケア3つ

2019.02.01 21:30

「私は髪の毛多いし」「薄毛なんてまだまだ先の話でしょ」と、髪の抜け毛・薄毛を全く気にしていない方も多いのではないでしょうか?

しかし、薄毛は他人事ではないかもしれません! 多くの女性が経験しているであろうパーマやヘアカラーなどは髪が傷みかねないうえ、乾燥や紫外線などで髪が傷んでしまうことも……。

そこで今回は、「まだ大丈夫」と油断している方にも気をつけてほしい“薄毛を招きかねない3つのポイント”を、美容師の宮川勇人さんに教えてもらいました。

#ヘアケア 記事もチェック!

 

1:地肌の汚れが薄毛を招く!? 地肌はとにかく清潔に

まずは、髪の根元である“地肌”を清潔に保つこと。「毎日シャンプーしているから大丈夫」そう思っていても、意外と危ないかもしれません。

実は、髪を洗うときにシャンプー剤やコンディショナー、トリートメントが落としきれていないと、毛穴に詰まる可能性もあるのです。毛穴が詰まると毛根が弱りやすく、結果的に薄毛の原因になりかねません。

シャンプーを洗い流すときは、髪だけでなく地肌もしっかりと洗うことが大切。また、ノンシリコンなどの毛穴に詰まりにくいシャンプーを選択するのも良いでしょう。

また、コンディショナーやトリートメントは、毛先中心につけるようにし、地肌にはあまりつけないよう意識してください。

 

2:血行促進を目指して「頭皮マッサージ」

頭皮が硬くなると、血の流れも弱くなりやすいもの。血行が弱くなると、栄養がなかなか行き届きにくくなりますよね。

もちろん、髪をつくる“毛母細胞”にも栄養が届きづらくなってしまいます。そして、結果として薄毛になってしまう可能性が。

そんな悪循環を断ち切りたいときは、日々のマッサージがおすすめです。

お風呂に入っているときなどに、頭皮全体を頭頂部に向かって、引き上げるように揉みほぐしてみましょう。手順は下記の通り。

(1)首筋の筋肉と、耳の上にある筋肉を指でしっかりとほぐします。

(2)こめかみの生え際から、つむじに向かって頭皮を引っ張りましょう。耳上、襟足からも同様に、頭皮をつむじまで引っ張ります。

髪の上でなく、頭皮をしっかりと指でつかむことがポイントです。

 

3:ストレスや生活習慣を見直す

ホルモンのバランスが崩れると、一時的に薄毛になることがあるといわれています。

ストレスや寝不足、栄養失調など、ホルモンのバランスを崩してしまうと、体への負担も大きくなりますし、それと同時に髪へ悪影響を与えることも。

栄養バランスの取れた食事と規則正しい生活を心がけましょう。

 

髪の毛も体の一部なので、日々の小さな積み重ねが大事ですよ。

特別なものを使わなくても、今日からはじめられることばかりなので、ぜひ試してくださいね。

【おすすめ記事】

美容ライターに聞いた優秀シャンプー7選

バサバサ髪になりかねないNG習慣11選

美容師直伝!「冬のヘアケア&アイテム」

「コスパ最強シャンプー」でうるサラ髪へ!(PR)

【画像】
※ Olena Yakobchuk、Image Point Fr、4 PM production、ShotPrime Studio/Shutterstock