GATTA(ガッタ) > Bodymake > 寝る前5分の新習慣!ベッドできる「足のむくみをケア」する簡単エクササイズ
bodymake

寝る前5分の新習慣!ベッドできる「足のむくみをケア」する簡単エクササイズ

2021.08.29 20:00

残暑厳しい日々が続きますが、ずっと家にいると気になるのは運動不足。ヨガインストラクターのNATTYさんによると、運動不足やデスクワークによる長時間の座りっぱなしなどが原因で、脚のむくみが起こりやすいんだそう。脚は重力の影響で水分が溜まりやすいだけでなく、心臓から遠い場所に位置するため血液の流れが悪くなりがちです。

特に女性は、男性に比べて筋力が少ないこともあり、むくみやすくなると言われています。また、リモートワークやおうち時間が増えたことで、歩く時間や階段を使う機会が少なくなり、今までよりさらにむくみやすい環境に。今の季節は肌見せも多いので、気付いたときにむくみはとっておきたいですよね。

そこで今回NATTYさんに、足のむくみをケアする簡単エクササイズを教えてもらいました。ぜひ寝る前の休息時間にチャレンジしてみてくださいね。

動画を見ながら…LET’S TRY!

(1)仰向けになり、脚を上に持ち上げ、かかとでもも裏を叩きます。

(2)ひざを深く曲げ、ふくらはぎ、もしくは、もも裏を両手で持ち、深呼吸しましょう。

(3)ひざを手で持ち、外側・内側に大きく数回まわします。

(4)人差し指と中指で足の親指をつかみ、ひざを開いて胸の横へ気持ちの良い範囲まで下ろし、深呼吸します。

(5)一度脚を解放したら、壁にお尻を近づけた状態で仰向けになります。

(6)両足を壁に預けてひざを軽く曲げたら、左足首を右太ももに乗せます。

(7)余裕があれば手で左足を軽く押して、左ひざを外に開きながら右のお尻を壁に近付けます。

(8)反対の脚も同様に行いましょう。

(9)両足を壁に預けたままひざを伸ばし、無理のない範囲で少しずつ開脚します。

(10)脚を閉じて深呼吸を入れたら、ゆっくりポーズを解放しましょう。

動きのコツ

・痛みがないように動きや角度を調整しましょう。

・深い呼吸を意識しましょう。

・肩や首まわりの力を抜きましょう。

・頑張りすぎず、リラックスした状態で行いましょう。

・筋肉が伸びて気持ちいいと思える範囲で行いましょう。

おすすめポイント

デスクワークで筋肉が硬くなりやすいとされるお尻まわり、もも裏、股関節周りの筋肉をほぐす動きを中心としたエクササイズです。ベッドの上でゴロゴロしている時間を使ってできるので毎日続けやすいですよ!

 

日常的に続けることで、体にも心にも少しずつ変化が訪れるでしょう。体調にあわせて、自分ができる範囲でチャレンジしてみてくださいね。

【もっと詳しく】
翌朝に疲れを残したくない…!寝ながら「脚のむくみケア」を目指す簡単ストレッチ6選

ヨガインストラクター
YES TOKYO STUDIO中目黒スタジオマネージャー兼インストラクター。
 2014年ヨガインストラクターとして活動開始。翌年2015年インド・ケララ州にあるアシュラムにてヨガ哲学を深める。帰国後都内スタジオでグループレッスン、パーソナルレッスンを中心に、オフィスヨガや企業主導型のイベントなどでも活動中。
2019年インドにてRYT500トレーニングを終了している。
ヨガインストラクターとしての実績はもちろん、雑誌や広告のヨガポーズ監修、ヨガモデルの活動も多く、数々のメディアに出演中。 近年はモデル単体の活動も増え、ご当地ビールのポスターやアウトドア雑誌の表紙などにも出演。