GATTA(ガッタ) > society > コミュニケーションのきっかけに!「ジャパンクラフトマン」メッセージ入りボトル登場
ジョージアジャパンクラフトマン
society

コミュニケーションのきっかけに!「ジャパンクラフトマン」メッセージ入りボトル登場

2021.07.09 20:00

ジョージアからメッセージ入りの新しいデザインボトルの『ジャパンクラフトマン』が登場。

応援やお礼のメッセージが入っているので、コロナ禍でコミュニケーションが不足がちな相手にちょっとしたギフトとして贈るのもおすすめです。

今回は新しいデザインボトルの『ジャパンクラフトマン』をレポートするとともに、メッセージボトル発売の背景となったジョージが行った調査について紹介します。

新しいデザインボトルはイラストとメッセージ入り

ジョージアジャパンクラフトマン

出典: GATTA

水出し抽出のコーヒーを使用(※)し、スッキリとした味わいが人気なジョージアのペットボトルコーヒー『ジャパンクラフトマン』シリーズから新たなボトルデザインが登場。

新しいデザインには、LINEスタンプクリエイターとして人気のあるカナヘイさんやにしむらゆうじさんが描く、かわいらしくもユーモラスなイラストが起用されています。

注目したいのはイラストに添えられたメッセージ。「Fight!」や「Thank you」、「HELP」に「Good job」など挨拶や激励の言葉を中心に、コミュニケーションのきっかけになるようなメッセージが書かれています。

職場でのお礼や励ましを伝えたい相手へのちょっとしたギフトとしても、さまざまなシーンで役立ってくれそうです。

※水出しコーヒー5%使用

水出しならではのスッキリとした味わいにほっと一息

実は『ジャパンクラフトマン』のカフェラテは、2年連続売上No.1(※)! 実際にカフェラテを飲んでみると、水出しコーヒーを使用しているからか、のどごしの良いスッキリとした味わいです。コーヒー飲料のカフェラテにありがちな、まったりとした濃厚さはなく、水を飲むときのような軽さがありゴクゴク飲めてしまいます。

気温が高い日は、キンキンに冷やして飲むとおいしそう。在宅でのリモート業務のときは、氷をたくさん入れて飲むのがおすすめです。

※売上No1の製品は「ジョージアジャパンクラフトマン」カフェラテ。インテージSCI調べ。コーヒードリンクカテゴリペットボトル市場2019年1月~2020年12月各年間の金額シェア

コミュニケーションが減った相手へのギフトに!

このメッセージ入りボトルのデザインは、働き方が多様になった今、コミュニケーションの大切さを提案したいという思いが込められているそう。

コロナ禍で日常生活や働き方のスタイルが大きく変化しました。なかにはリモートワークが普及し、自宅にいながら仕事ができる職種の場合は、会社で上司や部下、同僚と顔を合わせる頻度が極端に減った方も多いのではないでしょうか。

コロナ禍以降の多様な働き方において感じる変化について、20~39歳の男女400人のビジネスパーソンを対象に、ジョージアがアンケート調査をおこなっています。

リモートワーク普及によるコミュニケーション低下を感じる人は7割以上

ビジネスパーソンのおよそ半数以上が、職場におけるコミュニケーションの減少を感じるという結果に。それに伴い困りごとも出てきているようです。

調査によると、コロナ禍以降の業務上でのコミュニケーションについて、「減ったと思う」と回答した割合は、全体で約54%。リモートワーク実践者では約76%という結果に。また、「コミュニケーションに不安に感じる」と回答したのは全体で約44%。リモートワーク実践者では約62%でした。

全体半数以上の方がコミュニケーションの機会が減少していることを実感し、それにより不安を感じていることがわかります。リモートワーク実践者はその不安がより大きくなっているようです。

リモートワークで立場によって異なる悩みとは

職場でのコミュニケーションといっても、相手の立場によって状況は異なりますよね。リモートワーク実践者を対象に、社内でのコミュニケーションの悩みを相手の立場・関係性別に調査したところ、相手が目上の上司・先輩に対して特に悩みを感じていることがわかりました。

上司や先輩に対しては「ちょっとした相談がしづらい」という悩みが多く、同僚や後輩に対しては「雑談ができない」という悩みが上位に挙がっています。

アンケートによると他にも、

「自分が作成した成果物の出来栄えについて上司に聞けないため困っている」
「他の部署との交流が取れない」
「先輩にわざわざリモートで時間を作ってもらうほどの相談内容なのかどうか悩んでしまう」
「部下の仕事の管理がしづらい」

という悩みが挙がりました。遠隔のコミュニケーションでは“わざわざ”連絡をするという意識が高いのか、気軽に連絡がとれずに結果として、よりお互いの状況が見えにくい環境になっていることがわかります。

このようなコロナ禍によるコミュニケーション不足を、少しでも円滑にするため生まれた新しいボトルデザイン。ぜひ気軽なコミュニケーションが減った相手へのちょっとしたギフトとして贈ってみるのはいかがでしょうか?

 

“働き方や生活環境が多様化する中、人と人とをつなげることでコミュニケーションの大切さを提案したい”という思いが込められた『ジャパンクラフトマン』の新しいデザインボトル。ぜひチェックしてみてくださいね。

【参考・画像提供元】
コカ・コーラ(PR TIMES)