GATTA(ガッタ) > Bodymake > 憂鬱な気分を吹き飛ばしたい…!寝る前にやりたい「リラックスゆるストレッチ」
1
bodymake

憂鬱な気分を吹き飛ばしたい…!寝る前にやりたい「リラックスゆるストレッチ」

2021.06.12 20:00

じめじめした天気が続いたり、自由に外出もしづらいこのご時世、憂鬱な気分になりがちですよね。そんなときは、気持ちを切り替えておうちでやすらげる時間を大切にしたいもの。

そこで今回はヨガインストラクターのyuukaさんに、憂鬱な気分も体のこわばりもリセットできる、夜寝る前の”リラックスゆるストレッチ”を教えてもらいました。

憂鬱な気分のときは体も縮んで悪循環に

気分が晴れず、なんとなく鬱々しているときは、体も丸まって縮まるので呼吸まで浅くなります。さらに、呼吸が浅いと気分も沈みやすく悪循環になりがち。

そんなときは、上半身の縮みを気持ちよくストレッチしてみてください。正しく行うことよりも、心地よさを最優先に。

「ここを伸ばすと心地よい」「この強さは不快」など、自分の体の感覚に意識を向けながら行うのがおすすめ。

気持ちよく眠れるように、寝る前こそ気分も体もスッキリさせていきましょう。

上半身の縮みを伸ばす「リラックスゆるストレッチ」

(1)ベッドの上や床の上にあぐらの姿勢で座ります。

(2)腰はラクにして、お腹の奥と胸の両サイドを優しく上に持ち上げるようにして胴体を伸ばします。

(3)胴体の真上に頭を乗せ、胸の真ん中を正面に向けるようにするとラクに座れます。

(4)しばらく呼吸に意識を向け、呼吸が落ち着くのを待ちます。無理に整えようとせず、呼吸の流れにゆだねましょう。

(5)喉から呼吸のかすかな音が出ているのを聞きながら、意識を自分の体の感覚や呼吸に向けていきます。

(6)気分がリラックスしてきたらはじめましょう。

(7)息を吸いながら右腕を頭上へあげます。

(8)息を吐きながら、胴体を左方向へ傾け、右の体側が(特に胸の横)気持ちよく伸びる位置まで倒します。

(9)一度息を吸います。

(10)胴体を回すようにして、右肩を下ろし、右腕を左斜め前に向けて伸ばします。

(11)このとき、右の腰から背中、腕のラインを全部意識して、縮んでいるところを気持ちよく伸ばしてきましょう。

(12)息を吸いながら、胴体を後方へ回転させるようにして、右腕を後方斜め上に開いていきます。

(13)苦しくなければ、首も回転させ、目線を斜め上へ向けます。

(14)(7)からの動きを3回ほど繰り返します。

 

(15)右腕を斜め後ろへ伸ばした姿勢で一度動きを止め、右腕を床に下ろします。

(16)次の吐く息のタイミングで胸の真ん中を突き上げるようにして、背中をそらしていきます。

(17)そのままの姿勢で留まり、5呼吸キープしましょう。

(18)ラクな姿勢に戻り、呼吸が整うまでリラックスします。

(19)反対側も同様に行います。

 

いかがでしたか? 終えたあとは心身ともにスッキリとしているはず。気持ちよかったら回数を増やしたり、伸ばしたいところで動きを止めてキープしたりしながら、アレンジしてみてください。

ストレッチ後は、リラックスする時間を取り、心と体の変化を味わってみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

まずは3週間!週末だけで「全身痩せを目指す」ヨガエクササイズ

そのプランク、逆効果かも…!? インストラクター直伝「実はNGな」エクササイズ方法

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」