GATTA(ガッタ) > Bodymake > 腹筋よりも簡単だから続く!キュッと絞られた「美くびれ」を目指すストレッチ
「美くびれ」を目指すエクササイズ
bodymake

腹筋よりも簡単だから続く!キュッと絞られた「美くびれ」を目指すストレッチ

2021.06.05 20:00

美しいウエストのくびれは、女性のあこがれ。ボディラインにメリハリをつけてくれ、体のラインをみせるファッションなども楽しめるようになりますよね。

ヨガインストラクターのyuukaさんによると、しなやかな“くびれ”を手に入れたいときは、腹筋でガチガチに固めるよりもストレッチでウエストラインを整えるほうがおすすめなのだそう。

そこで今回はyuukaさんに、腹筋よりも簡単な“美くびれ”を目指すストレッチ方法を教えてもらいました。

姿勢が悪いとウエストまわりに影響が?

「ウエストのくびれがなくなった」「お腹が出てきた」と感じているとき、その原因は“姿勢の悪さ”にある可能性があります。

たとえば、猫背姿勢が定着すると、肋骨がゆがみ、内臓が下がってしまうといわれています。すると、ウエストまわりがゆるんで、ポッコリお腹や脇腹のたるみとなって現れてしまいがちです。

悪い姿勢によってゆるんだウエストまわりをストレッチして整えていきましょう。

体側を伸ばして「美くびれ」を目指す

(1)床に座ります。

(2)左を下にして横向きになり、両脚を伸ばします。

(3)背中・お尻・脚のラインをまっすぐに揃え、両脚も重ねて乗せましょう。

(4)左手を床に下ろし、手のひらで床を押しながら上半身を起こします。

(5)このとき、肩と肩甲骨を下げたまま手で床を押していくと、左の体側が伸ばされます。脇腹にしっかりとした伸びを感じる位置を探します。

(6)右脚を曲げ、左脚の前に下ろします。ひざは立てた状態にします。

(7)息を吸います。息を吐きながら、右脚のひざを倒し、胴体を右に軽くねじります。

(8)左の体側にさらにストレッチがかかる位置を確認します。

(9)息を吸いながら右のひざを立て元の姿勢に戻ります。

(10)5回程度繰り返し、最後は5呼吸キープします。

(11)反対側も同様に行います。

ポイントは上半身がしっかり起きていること、肩がすくんでないこと、背中と脚のラインがまっすぐであること。これらに注意しながら、気持ちよくストレッチをしていきましょう。

 

いかがでしたか? 腹筋よりも簡単なこのストレッチを続けることで、あこがれのキュッと絞られた“美くびれ”を目指してみてくださいね!

⇒こんな記事も読まれています

プランクも腹筋もいらない!? ストレスフリーに「お腹痩せを目指す」エクササイズ

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」