GATTA(ガッタ) > Hair > 自分で簡単アレンジ!ショートヘア&ボブ向け「結婚式のお呼ばれヘアアレンジ」6選
ハーフアップ
hair

自分で簡単アレンジ!ショートヘア&ボブ向け「結婚式のお呼ばれヘアアレンジ」6選

2021.05.14 20:00

気候的にも過ごしやすいこの時期は、結婚式のオンシーズン。式にお呼ばれされ、ヘアスタイルに悩んでいる方も多いかもしれません。美容院でセットしてもらうのもいいけれど、自分でアレンジができたらうれしいですよね。

そこで今回は、美容師おすすめの“結婚式のお呼ばれヘアアレンジ”をご紹介します。「髪の長さが足りなくてアレンジが難しいのでは?」とお悩みのショートヘアやボブの方でも、普段とは違うスタイルが作れますよ!

ヘアアレンジするための下準備

短い髪でも簡単にヘアアレンジするためには下準備が必要。

この下準備をすることで、アレンジしやすく崩れにくくなります。ヘアアレンジ前は必ず行うようにしてください。

(1)髪を巻く

ヘアアレンジの最後には、髪をゴムで留めたりピンで固定したりしますよね。毛先にカールがある状態の方が、髪を動かしやすく収まりも良いです。

特に、直毛の方は丸みがないとヘアアレンジがしにくいので、必ずコテやアイロンで巻くようにしましょう。

(2)スタイリング剤をつける

髪は何もつけない状態でヘアアレンジをするとパラパラと落ちてきてしまいます。

ヘアアレンジ前に少し粘性のあるスタイリング剤をつけることで、髪同士がくっついてほつれにくいヘアアレンジができます。


【もっと詳しく】
結婚式・二次会で使える!セルフでできる華やかショートヘアアレンジ

ショートヘアにおすすめのヘアアレンジ3選

1:セットするだけ!きちんと感が出る「タイトスタイリングアレンジ」

タイトスタイリング

出典: GATTA

簡単にスタイリングができてお洒落感も抜群なのは“タイトスタイリング”。清潔感やきちんと感も演出できます。

スタイリングは、グリースを髪の毛全体に薄く均一に馴染ませるのがポイント! 最後に櫛を使って、髪の毛を7:3に分けて毛流れを整えれば完成です。

ちなみに、グリースの種類はソフトタイプがおすすめ。毛が太くて硬い方や毛量が多く髪が広がりやすい方にピッタリなスタイリングです。

2:たったの3ステップでできる「ハーフアップアレンジ」

ハーフアップアレンジ

出典: GATTA

ヘアアレンジ方法は、たった3ステップ!

(1)髪の毛全体を無造作に巻く

(2)ハチ上の髪の毛をゴムで結んでほぐす

(3)サイドをねじり、(2)で結んだゴムの上でピンを使って留める

ショートヘアで髪の毛が途中でポロポロ落ちてくる場合は、ドラッグストアなどで売っている“スモールピン”をさすといいですよ。


【もっと詳しく】
カンタン&髪質別に紹介!ショートヘアの結婚式お呼ばれアレンジ3つ

3:ピンとゴムだけでできる「片編み込みアレンジ」

片編み込み

出典: GATTA

(1)髪がギリギリ結べる長さがあればできます。

(2)サイドの髪から細かく順番に片編み込みをしていきます。この片編み込みは、髪が短いほどなるべく細かめに髪を取ると編み込みやすいですよ。

(3)片編み込みの真ん中ぐらいで、一度髪をピンで留めます。ねじった髪を薄く取り根元の毛と一緒にねじってきた方向にピンをさせば、簡単に留めることができます。

(4)反対サイドの髪も同じように片編み込みをして、反対サイドの編み込みの毛先と一緒にゴムで縛ります。ゴムで縛る位置は真ん中より少しずらしたバックサイドにするとバランスが良くなります。

(5)ゴムで結んだ毛先を“くるりんぱ”をして左右に引っ張りしっかりと固定してください。最後に出てきた毛先を隠すようにピンで固定しヘア飾りをつければ完成です。


【もっと詳しく】
結婚式・二次会で使える!セルフでできる華やかショートヘアアレンジ

ボブにおすすめのヘアアレンジ3選

1:立体的なルーズ感が出る「ねじり留めヘアアレンジ」

ねじり留め

出典: GATTA

(1)真ん中の髪を適度にすくい、ねじり留めをします

(3)両サイドの髪も同じく最初に留めた場所までねじって、ねじり留めをします

(3)残りのバックの髪も2つに分けて、同じようにねじって留めます

(4)残った毛先を左右のどちらかにねじって留め、全体をほどよく崩したら完成です

このヘアアレンジは、髪が短い人でも立体的でルーズな感じに仕上げることができますよ。


【もっと詳しく】
美容師が教える!ショートボブでもできる「簡単まとめ髪」アレンジ

2:肩につく長さのボブ向け「アップスタイル」

ボブ アップスタイル

出典: GATTA

(1)髪の毛は巻かずにスタートします。ヘアアレンジをする前に全体にソフトワックスなどをつけておくと、髪がポロポロと落ちないのでまとめやすいですよ。

(2)後頭部真ん中あたりの髪をとり、やや斜めに編み込みましょう。編み込んだら、毛先をゴムで縛ります。

(3)(2)でつくった編み込みに沿って、片編み込みをつくりましょう。両サイドの片編み込みができたら、(2)で縛った下あたりで同様に縛ります。縛った髪は“くるりんぱ”しましょう。

(4)残りの髪も同じように片編み込みをして、(3)の下あたりで縛ります。

(5)毛先を一本にまとめ、ねじってゴムで縛りピンで固定します。全体を程よく崩して完成です。

髪が短くてもパートを細かく分かれば、簡単にアップスタイルにすることができますよ。

3:肩につかない長さのボブ向け「ハーフアップ」

ボブ ハーフアップ

出典: GATTA

(1)こちらもはじめは巻かずにスタートします。

(2)後頭部真ん中あたりの髪をとり、髪の長さの真ん中あたりまで編み込みます。編み込んだらゴムで縛りましょう。編み込みの幅は、耳の先端から頭頂部までの距離を3等分にした程度。細かく編み込むのではなく、ざっくりと編み込んでくださいね。

(3)両サイドに残っている髪をそれぞれ2つに分け、(2)で縛った下あたりで、同様にゴムで縛ります。縛った髪は“くるりんぱ”しておきましょう。

(4)両サイドの残っている髪も、(3)で縛った下あたりで同様に縛り“くるりんぱ”をします。

(5)編み目に沿って全体を程よく崩し、毛先をアイロンを使って波状にカールを付けたら完成です。

ゴムが見えないように大きめのヘアアクセサリーを付けると、ヘアアレンジの可愛さがより引き立ちますよ。


【もっと詳しく】
実は簡単な「短めボブでもできる」ヘアアレンジ2つ

 

ショートヘアやボブでも華やかな雰囲気が演出できますね。ぜひ、いろんなアレンジを楽しんでみてください!

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。

【画像】
※metamorworks / PIXTA(ピクスタ)