GATTA(ガッタ) > Interior > 無駄な買い物が減った!パッと見で量がすぐに分かる「消耗品の収納アイデア」
消耗品収納
interior

無駄な買い物が減った!パッと見で量がすぐに分かる「消耗品の収納アイデア」

2021.05.01 20:00

見えない家事になりがちな消耗品のストック管理や買い物。使い切ったらすぐに買いに行けないからこそ、多めにストックしていたり、特売セールでまとめ買いをしたりしていませんか? 量が増えるほど収納が難しくなるので、ますます無駄買いやダブり買いが増えて、逆に家計の節約にならないことも……。

そこで今回は整理収納アドバイザーのyaiさんに、効率よく消耗品のストック管理をするための“簡単・便利な収納アイデア”を教えてもらいました。パッと見てすぐに量が分かるので、毎日の家事の時短にもつながりますよ。

1:すべての消耗品の置き場所を決める

消耗品3

出典: GATTA

洗面所で使うものは洗面所に置く……というように、それぞれ”使う場所に置く派”と、パントリーや物置きなど“一ヶ所に置く派“に大きく分かれると思います。どちらのタイプでも重要なポイントは、毎回消耗品の置く場所を変えないということです!

消耗品4

出典: GATTA

ご家族が空いている場所に適当に置くのを防ぐために、ラベリングをするのがおすすめです。マスキングテープに書くだけでも大丈夫! 書いて貼るだけで「とりあえずここに置いておこう」がなくなり、残数もパッと見てわかるので便利です。

2:重ねない&奥に押し込まない

消耗品6

出典: GATTA

手前に置いてあるものをどかして、奥にあるものを数える……なんて、時間もかかりとても面倒ですよね。毎日忙しいと、めんどくさいことはできませんし、続きません。置いたこと自体忘れてしまい、無駄買いや賞味期限切れにつながることも。

そこで筆者がおすすめしたいのが、収納ケースを使って“引き出しのようにパッと見える“ことを理想とする消耗品収納です。

消耗品5

出典: GATTA

収納ケースを選ぶときは、その消耗品のサイズに合わせたものを選びましょう。大きいケースに小さいものを入れても埋もれてしまい、残量が数えにくくなってしまうので注意!

同じデザインのものに揃えると、見た目がスッキリしてインテリアにも馴染みやすくなりますよ。

3:パッと見てすぐにわかる収納アイテムを使う

消耗品2

出典: GATTA

乾物や袋に入った調味料など、自力で立てないモノは倒れたりつぶれたりと、収納ケースの中でごちゃごちゃしやすいですね。

そこで筆者は常温保管の食品の収納には、文房具のスライドバーを使用しています。小さいパッケージの食品も埋もれて見落とすことがないので、食品ロスの防止にもつながりますよ!

消耗品収納

出典: GATTA

開封済のものは一回折りたたんでスライドバーで挟むだけ。クリップや輪ゴムよりも密閉性がアップします。パッと見てすぐにわかるので、料理も時短になりますよ。

 

ちょっとした工夫で、残っている消耗品の量が簡単に把握でき、無駄な出費がなくなります。ストック品の管理が時短になるだけでなく、毎日の家事の中で“使いやすくて戻しやすい“ストレスフリーな収納になるので、ぜひ試してみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

消耗品を変えるだけ! お風呂掃除の手間を減らしてくれたグッズ3つ