GATTA(ガッタ) > Beauty > 美肌研究家はこっそり使ってた!スキンケアを格上する「ひみつのアイテム」3選
スキンケア
beauty

美肌研究家はこっそり使ってた!スキンケアを格上する「ひみつのアイテム」3選

2021.04.02 20:30

「365日、美肌をキープしたい」マスク生活で今まで気にならなかった肌トラブルに悩まされている方も多いのではないでしょうか。

美肌研究家の杉本由美さんは、スキンケアで化粧水や美容液などの通常のアイテム以外にもスキンケアアイテムを活用し、こっそりスキンケアの質を格上げしているんだとか。気合いを入れたい日の前日などに使うことで、次の日はなりたい肌に仕上げているそうですよ。

そこで今回は杉本さんに、スキンケアの質がワンランクアップする“ひみつのアイテム”を教えてもらいました。

その1:割けるコットン

お肌の乾燥が気になるけれど、スペシャルケアを毎日するのはちょっと……というときは必ず行うのが“コットンパック”。

普通のコットンでもいいのですが、筆者のおすすめは割けるコットン。いつも使用している化粧水をコットンにたっぷり含ませたら、コットンを割いてお肌にピタッと密着させます。その後コットンが乾いてしまう前に外して、いつもの手順でスキンケアを進めていきましょう。

いつもよりしっかりめに保湿をしたいときは、お肌に密着させたいコットンの上から乳液やクリームなどをつけて時間を置いています。

その2:スプレーボトル

普段のスキンケアでは基本オールハンドなのですが、先ほどご紹介したコットンパックをする際に活躍するのが“スプレーボトル”。

コットンにたっぷり化粧水を含ませても、すぐに乾燥してしまいがち。乾いたコットンをつけたままにすることで、かえってお肌の乾燥を招いてしまうのです。そのため、コットンパックをしている上からスプレーボトルに入れた化粧水を吹きかけて、必ずコットンが濡れた状態をキープしています。

その3:スチーマー

マスクを着用する機会が増え、摩擦や乾燥により肌トラブルが起こりやすくなりましたね。特に長時間マスクを着用したときは、ぷっくりと赤く膨らんだ吹き出物ができてしまうということもしばしば……。

今までもスキンケアをする際、定期的に活用していましたが、長時間マスクを着用した日は必ずスチーマーをしながらのスキンケアが欠かせなくなりました。乾燥やお肌とマスクが擦れたことにより生じる摩擦など、受けてしまったダメージを少しでも和らげることが目的です。

筆者の場合はスチーマーによるケアをすることで、ぷっくりと赤く膨らみかけた吹き出物の悪化が防げており、マスク生活では欠かせないスキンケアとして重宝しています。

 

スキンケアの質を格上げしてくれる、おすすめのアイテム3つをご紹介しました。

マスク着用により肌トラブルになりやすい状況でも、スキンケアアイテムを上手に活用することで、スキンケアの効率化が叶い美肌キープが期待できます。ご紹介したアイテムは本当に使えるものばかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

化粧水と美容液、乳液の順番は?プロに聞いた「美肌スキンケアルーティン」

【画像】
※msv、JADE、 NOV / PIXTA(ピクスタ)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」