GATTA(ガッタ) > Beauty > ビューラーできれいに上げるコツ!失敗知らず「上向きまつ毛」をキープする裏技
ビューラーでまつ毛を上げるコツ
beauty

ビューラーできれいに上げるコツ!失敗知らず「上向きまつ毛」をキープする裏技

2021.03.31 21:00

朝のメイク時に、くるんときれいにカールしたはずのまつ毛。「いつの間にか下がってきてしまった!」なんてことはありませんか? もしかしたらビューラーやマスカラの使い方に原因があるのかもしれません。正しいビューラーとマスカラの使い方を知っていれば、理想的な上向きまつ毛が誰でも簡単にキープできるようになります。

そこで今回は、ビューラー&マスカラの正しい使い方から、夕方までカールをキープする裏ワザまで美まつ毛に仕上げるコツをご紹介します。

ポイントは根元から!ビューラー&マスカラでまつ毛を上向きにする方法

なんとなく上げるのはNG!基本的なビューラーの使い方

ビューラーの使い方その1

出典: GATTA

まずはフレームをまつ毛の根元に沿うように置きます。この時点でフィットしなければビューラー選びに戻りましょう。目頭から目じりまでは挟めていたら次に進みます。

ビューラーの使い方その2

出典: GATTA

まぶたに沿わせたビューラーをクイっと軽く押し当て、まつ毛を上方向に向かせます。まぶたの下には眼球があるので強く押しすぎないように注意してください。

ビューラーの使い方その3

出典: GATTA

ここで1回目のプッシュです。“ギュ”ではなく“キュ”っと力を入れすぎずに挟んで根元を立ち上げます。立ち上がるまで何回か同じ位置でプッシュを重ねます。

ビューラーの使い方その4

出典: GATTA

ここからまつ毛の先に向かって、小刻みに回数を重ねてプッシュを繰り返していきましょう。

ビューラーの使い方その5

出典: GATTA

目安は根元から毛先までの間を10プッシュ。力をこめすぎるとまつ毛が切れたり抜ける原因になってしまうので、プッシュするときの力は軽くで問題ありません。

ビューラーの使い方その6

出典: GATTA

あとはお好みでマスカラをして完成です。

【もっと詳しく】
やり方ひとつでこんなに違う! 超簡単な「まつ毛」をきれいに上げるテク

美まつ毛が叶う!マスカラのつけ方

美まつげをつくるマスカラの塗り方を順追ってご紹介します。

(1)ブラシの先端の固まりをティッシュでオフ

マスカラは毛先の先端に液が固まっていることがあります。この部分を残したまま、まつ毛に塗りはじめると、マスカラがボテッとついてしまい、ダマになってしまうことが多いです。

塗りはじめる前に先端をティッシュオフするだけで、このダマになりやすさが大幅に変わります。

(2)まつ毛の中間にブラシを入れ、ジグザグ動かしながら根元に向かう

マスカラはいきなり根元に入れると、液がボテッとダマになってついてしまいます。

最初はまつ毛の中間にブラシを入れジグザグに動かすことにより、最初に付けた液を少しまつ毛になじませながら伸ばしていくことができますよ。

(3)根元から中間まで再度ジグザク戻る

その後、再度根元から最初に付けたまつ毛の位置までジグザグ動かしながら戻りましょう。このようにすると、根元から中間まで均一に、そしてしっかりと塗布できます。

(4)中間から毛先はジグザグ動かさずスッと抜く

中間まできたら、あとは毛先にむけてスッと抜くだけ。このようにすると自然に根元はしっかり、毛先は軽やかなグラデーションをつけることができます。

もし最後にダマになってしまった場合は、乾く前にコームで取り除きましょう。

【もっと詳しく】
マスカラのつけ方でこんなに変わる!「美まつ毛」のつくり方

夕方まで上向きまつげ!きれいなカールが続く裏ワザ

裏ワザ1:ビューラーを3段階にわけると、ナチュラルなカールに仕上がる

ビューラーでまつ毛を挟むとき、一回だけではなく根本、真ん中、毛先と3段階ほどに分けてカールをつくります。そうすることでナチュラルなカールができ、時間が経過しても上向きまつ毛のキープにもつながるメリットも。

また根本をビューラーで挟むとき、まぶたを少し上にあげると挟みやすく、きれいなカールに仕上がりますよ。

【もっと詳しく】
少しの差で変わる!? 上向きまつ毛を夕方までキープする裏ワザ3つ

裏ワザ2:まつ毛の根元にはマスカラを付けない

マスカラ

出典: GATTA

目ヂカラを強くしたいと思うと、まつ毛の根元からがっつりマスカラを付けてしまいがちですが、根元にマスカラが付いているとカールが取れやすくなります。

マスカラをつける時は、根元からちょっと離れた位置から毛先に向けてササっと塗りましょう。そのままだと目の輪郭がボヤけてしまうので、アイライナーでまつ毛とまつ毛の間を埋めるようにラインを描くこともお忘れなく。

裏ワザ3:パンダ目防止にしっかりめにフェイスパウダーを塗る

ルースパウダー

出典: GATTA

マスカラをしっかり塗ると、目の周りにマスカラが付いてパンダ目になってしまった経験ありませんか? そんな人は、マスカラをつける前に目の周りにしっかりフェイスパウダーをつけておくのがおすすめ。

リキッドファンデーションでベースを仕上げて、肌が少しウェットな状態でマスカラを塗ると塗ったマスカラ液がお肌に付きやすいのですが、パウダーできちんとカバーしてあると肌に付きにくくなります。マスカラ液が乾いた後、ブラシで不要なフェイスパウダーを落とせば粉っぽさもありません。

【もっと詳しく】
きれいなまつ毛を夜までキープ!美容家に聞く5つの裏ワザ

キープ力高め!ドラッグストアで買えるおすすめマスカラ

1:ロレアル パリ「フォクシール コルセット」

ロレアルパリフォクシールコルセット

出典: GATTA

くるんと上向きで印象的なふさふさまつ毛をキープできる、ロレアル パリの『フォクシール コルセット』。

コルセットを装着したかのようにまつ毛をボリュームアップさせて、ひと塗りで濃密な存在感をプラス。マスカラ液の乾きが早く、上向きカールが落ちてしまう前にピタッと固定してくれます。

塗るだけで目もとをしっかり強調させてくれるので、意志の強いまなざしを作りたいときにおすすめしたいマスカラです。

【商品詳細】
ロレアル パリ『フォクシール コルセット』 / メーカー希望小売価格1,800円(税別)

【もっと詳しく】
ドラッグストアで買える!上向きまつ毛をキープする「マスカラ&下地」4つ

2:dejavu「ラッシュアップ マスカラ」

dejavu ラッシュアップ マスカラ

出典: GATTA

まつ毛1本1本を繊細にコーティングして、もともとのまつ毛が長いかのように仕上がる、dejavu(デジャヴュ)の『ラッシュアップマスカラ』。

1.5mmの超極細三角ブラシが、今まで隠れていたうぶ毛のようなまつ毛から目頭や目尻などの細かい部分のまつ毛まで、1本残らずキャッチして塗り尽くし、自まつ毛の実力を最大限に発揮。繊維は入っていないのに、目の縦幅がぐっと広がり、パッと際立つまなざしを演出できます。

根元を三角形の角でキャッチして持ち上げながら面を使って塗ると、コームいらずでセパレートした理想のまつ毛に! パンダ目にならないのに、お湯で簡単にオフできる手軽さも◎。

【商品詳細】
dejavu『ラッシュアップマスカラ』 / メーカー希望小売価格1,200円(税別)

【もっと詳しく】
まつエク要らず!? ひと塗りでグッと上向きに伸びる「スゴすぎるマスカラ」3つ

3:CANMAKE「クイックラッシュカーラー BR」

CANMAKE「クイックラッシュカーラー」

出典: GATTA

ブラックだといかにもメイクをしています感が出やすい……という方におすすめなのが、CANMAKE(キャンメイク)の『クイックラッシュカーラー BR』。仕事の日など、少し落ち着いた優しい印象のメイクに仕上げたいときに重宝しますよ。

細いコームになっていて柔らかいまつ毛も拾いやすく、均一にマスカラ液をつけることができます。

筆者のように細くて毛量が少ないまつ毛でも、コームがしっかりキャッチしてくれてナチュラルにマスカラ液がつくので、デイリー使いにぴったりです。

また、流行のボルドーのマスカラを上まつ毛に使ったとき、下まつ毛に『クイックラッシュカーラー BR』を使うと、ボルドーを引き立ててくれるのでおすすめ!

【商品詳細】
CANMAKE『クイックラッシュカーラーBR』 /  メーカー希望小売価格680円(税抜)

【もっと詳しく】
下まつ毛にうまく塗れない…を解決!細いブラシが使いやすい「神マスカラ」3つ

 

まつ毛のカールをしっかり作る方法とキープ力のあるマスカラがあれば、理想的な上向きまつ毛が叶います! 夕方まで目力バッチリを目指して、ぜひ試してみてくださいね。

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。 

【画像】
ナオ、voyagerix、ペイレスイメージズ1(モデル) / PIXTA(ピクスタ)