GATTA(ガッタ) > Hair > 朝のパサパサ髪をどうにかしたい!理想のツヤ髪に近づく「実は簡単」ヘアケア5選
美容院にいる女性
hair

朝のパサパサ髪をどうにかしたい!理想のツヤ髪に近づく「実は簡単」ヘアケア5選

2021.03.30 21:00

朝起きたとき、毛先のパサつきや寝ぐせに悩まされたことはありませんか? 忙しい朝はヘアケアやスタイリングをしている時間がなく、起きた状態の髪のままお出かけすることもあるかと思います。しかし、理想のツヤ髪を目指すためには、寝る前にしっかり乾燥ケアをしておきたいところ。

そこで今回は美容師のみなさんに聞いた、パサパサ髪の改善を目指す簡単ヘアケアをご紹介します。

1:「朝シャン」を「夜シャン」に変えてみる

朝にシャンプーをすると、皮脂をしっかり除去した状態になります。髪を覆う油分がなくなると湿気が髪の毛の中に入りやすくなり、うねりやふくらみの原因になるのです。

ですが夜にシャンプーをすると、睡眠時間中に皮脂が髪の毛に行き渡るのでツヤが保たれやすくなるうえ、湿気が髪の毛に入るのをブロックできます。つまり夜にシャンプーすれば、髪内部の保湿力を高めてパサつかずにまとまる髪に近づきます。

逆にいえば、湿度でぺったりしやすい髪質の方は朝にシャンプーすると、さらっとした質感を保ちやすくなります。梅雨や夏の時期は、自分の髪質の悩みに合わせてシャンプーのタイミングを変えてみると、スタイリングしやすくなるかもしれません。


【もっと詳しく】
朝シャンはダメ!? 夏髪の「うねり・パサつき」の原因と簡単ヘアケア2つ

2:シャンプー&トリートメントは「モイストタイプ」を選んでみる

美容院にいる女性

出典: GATTA

シャンプーやトリートメントは、いつも同じものを選んでしまいがちです。しかし、自分の髪の状態や季節に合ったもの選ぶことで、髪トラブルを防いだりケアしたりすることにつながりますよ。

シャンプー・コンディショナーには、“エアリータイプ”と“モイストタイプ”の2種類がある場合が多いです。髪の乾燥をケアしたいときは、“モイストタイプ”をチョイスしましょう。

もし自分で選ぶのが難しい場合は、美容師さんに相談してみるのもよいでしょう。


【もっと詳しく】
静電気・パサつき毛先に悩みたくない!今から始める「乾燥ヘアケア」3つ

3:「ドライヤーを使う前後のケア」を丁寧にしてみる

次に、ドライヤーを使う前後に取り入れたいケア方法をお伝えします。

特に熱を使うドライヤーやコテは、使い方を間違えると髪のダメージが深刻になることもあるので注意しましょう。

■タオルで髪を押さえつけるように水分を拭き取る

タオルでゴシゴシとこすってしまうと、キューティクルが乱れて髪が傷む可能性があるので注意しましょう。

■乾かす前に洗い流さないオイルをつける

オイルは、乾燥しやすい中間部分から毛先にかけてつけます。そのあと、キューティクルを整えるように、大きいクシや、手グシで毛先から優しくとかしてください。

このとき、トリートメントは“二度付けする”のがポイント。全体にトリートメントをつけて、一度流したあとに、もう一度毛先にのみトリートメントをつけます。

トリートメントをつけたら、キューティクルを逆撫でしないように根元から毛先にかけて手櫛で優しく梳かして馴染ませます。

流すときも手櫛を通しながら流すのがおすすめです。

■ドライヤーをあてる

髪を乾かすときは、根元から毛先にかけてドライヤーをあてていきましょう。

■最後にドライヤーを冷風にして全体にあてる

髪が乾いたら冷風に切り替えましょう。冷風をあてることにより、髪にツヤとハリコシが出てくるはずです。


【もっと詳しく】
パサつき髪を回避!? 美容師が教える「ドライヤー・コテ」前後の必須ケア
今日から即実践!美容師直伝「髪のパサつきを防ぐ」ヘアケアのコツ3つ

4:「髪質に合った」トリートメントを選んでみる

髪を乾かす前につける“洗い流さないタイプのトリートメント”ですが、その種類はさまざま。ドラッグストアの店頭などでもたくさんのトリートメントが販売されていますよね。

保湿成分が多くしっとりするタイプのものや、サラッとするライトタイプなど、種類によって髪の仕上がりにも差が出やすいです。

軟毛でボリュームが欲しい方がしっとりするタイプのトリートメントを使用すると、かえってボリュームが出なくなり、根元からペタんとした髪になる可能性も……。

「とりあえず何か使った方がいいと思って……」と、何となくトリートメントを使用している方は、自分に合ったものが選べているか今一度確認してみてくださいね。


【もっと詳しく】
パサつき髪はヘアケア剤のせい!? 正しい「トリートメント」の選び方3つ

5:「なるべく早く」髪を乾かしてみる

髪は濡れたまま放置してしまうと髪のまとまりがなくなり、ツヤを失いやすくなります。なのでしっかりとドライヤーをして、髪のまとまりをつくるようにしてください。

ドライヤーの熱風は髪の表面にあるキューティクルを滑らかに整え、洗い流さないトリートメントをつけて乾かすことで、より一層髪のツヤ感を出すことができますよ。

自然乾燥をなるべく避けるために、お風呂上がりに髪が濡れた場合はタオルドライをしっかりと行い、なるべく早めにドライヤーで髪を乾かしはじめるのがおすすめです。


【もっと詳しく】
髪のパサつきどう防ぐ?美容師が教える「冬の髪に必要なヘアケア」3つ

 

寝起きでも美しいツヤ髪を目指すためには、前日のバスタイムからヘアケアをすることが大切です。髪質は人それぞれなので、自身に合ったヘアケア方法で毎日のお手入れをしてみてくださいね。

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。

【画像】
※Eviart、New Africa、Maryna Pleshkun、Ollyy/Shutterstock