GATTA(ガッタ) > Fashion > 【60kgコーデ】ビッグシルエットも怖くない!着痩せが叶う「ワイドパンツコーデ」5選
ワイドパンツの着こなし術
fashion

【60kgコーデ】ビッグシルエットも怖くない!着痩せが叶う「ワイドパンツコーデ」5選

2021.03.24 20:30

今季も引き続き大人気の“ワイドパンツ”。とはいえ布面積が大きく、ボリューミーな広がりが「かえって太って見えそう」と敬遠する方も多いのではないでしょうか。ですが、それは勘違い! 実は体型に合わせた着こなしやパンツの選び方次第で、スタイルアップが狙えるアイテムでもあるんです。

今回は、体型が気になるときに試したいワイドパンツの攻略法をご紹介します。

1:上半身をコンパクトに!「ハイウエストイン&ゆるアウター」コーディネート

ワイドパンツを履くときは、トップスを高い腰の位置でインして、できるだけ上半身をコンパクトにまとめると、スッキリ見えて着痩せ効果に!

また、このときトップスは、厚手より薄手を選ぶことをおすすめします。ウエストのもたつき感を軽減できますよ。

さらに、その上に旬の“ゆるアウター”を羽織って、気になるお腹周りや二の腕などを、おしゃれしながら目立たなくするとGOOD。

2:便利な小物使いをマスター!「ワイドパンツ×インパクト小物」コーディネート

小物使いを取り入れたスタイリングは、あらゆるコーディネートに使えるので覚えておくと便利です。

たとえば、インパクトのある明るいカラーのショルダーバッグを高めの位置で持ち、目線を分散させてスタイルアップを図るテクニック。これならいつものスタイルにバッグをプラスするだけで、簡単にスタイルがよく見えます。

3:引き締め効果ばっちり!「淡色トップス×淡色ワイドパンツ×濃色ベルト」コーディネート

今トレンドの上下を白やベージュの淡い色味でまとめた“淡色ワントーンコーデ”には、濃茶色や黒などの“濃色のベルト”をプラスした着こなしがおすすめです。このワンポイントで、全体がグッと引き締まってスタイルアップに。

4:履くだけでスッキリ見え!「濃色&とろみ素材ワイドパンツ」を選んで

ワイドパンツを使ったコーディネートが苦手という方は、パンツの色や素材を意識すると◎

たとえば、色。引き締めカラーの黒やネイビーといった濃色を選ぶと、履くだけで着痩せ効果が期待できます。また、素材は“とろみ素材”がおすすめ! ボディラインを拾わず、落ち感があるので縦長効果が狙えますよ。

5:テク要らずで即スタイルアップ!「ベルト付きワイドパンツ」を選んで

他には“ベルト付きワイドパンツ”もおすすめです。ベルトのおかげで腰にアクセントができ、自然と目線を上に誘導できるので、テクニックを使うことなく脚長効果が狙えます。ハイウエストなら脚長効果が倍増してなおよし!

さらにスタイルアップを狙うなら、パンツは“タック入り”を選ぶと、腰周りがスッキリ見えて◎

 

ワイドパンツはトレンド感はもちろん、動きやすく、着回し力も抜群なうえに、脚のラインを拾わないので下半身カバーも叶えてくれる優秀アイテム。ワードローブに一本あると重宝しますよね! 体型を気にせず、好きなコーディネートを楽しむ参考にしてください。

⇒こんな記事も読まれています

3,000円以下なのに優秀すぎ!週5で着回したい「大人のきれいめパンツ」

【画像】
※Tim Remer、Creative Lab、Street style photo、Luca Ponti 、Ferruccio Dall’Aglio  / Shutterstock.com