GATTA(ガッタ) > Beauty > 化粧水と美容液、乳液の順番は?プロに聞いた「美肌スキンケアルーティン」
美容液でスキンケア
beauty

化粧水と美容液、乳液の順番は?プロに聞いた「美肌スキンケアルーティン」

2021.03.21 20:30

スキンケアアイテムは種類がたくさんありすぎて、一体どの順番で使用するのが正解なのかわからない……となんとなくスキンケアをしてしまっていませんか? せっかくなら正しく使って、より効果的なスキンケアを実現させたいところ。

そこで今回は美肌研究家の杉本由美さんに、杉本さん自身が行っているスキンケアの順番と、効率よくお肌にアプローチするコツを教えてもらいました。

STEP1:不足している水分を補い整える「化粧水」

ブランドによっては化粧水の前に使用するアイテムを設けている場合もありますが、一般的に洗顔後は化粧水で不足している水分を補い、整える手順が基本となります。

化粧水のつけ方はコットン、手のひらなど人によってさまざま。筆者のおすすめは、化粧水を手のひらにとりなじませ、両手で包み込むようにしてハンドプレスをする方法。手のひらになじませ、体温を使うことで、効率よく化粧水を角質層まで届けることへの期待できます。

そして忘れてはいけないポイントは、洗顔後なるべく早く化粧水で保湿をすること。洗顔をしてから化粧水で保湿するまでに時間を空ければ空けるほど、お肌は乾燥しやすくなることを忘れないでくださいね。

STEP2:不足している栄養を与える「美容液」

化粧水でお肌を整えたら、次に不足している栄養を与えるため美容液を使います。

ここでは目指している理想のお肌になるために必要な成分が配合されている美容液をセレクトするのがおすすめです。シミが気になる人は美白ケアができるもの、シワやたるみが気になる人はエイジングケアができるもの、といった感じで合わせて選ぶといいでしょう。

美容液をつけるときも、必要な栄養がお肌にしっかり届くようにハンドプレスをするのがおすすめ。とはいえ、擦りこむなどしてお肌に刺激となるつけ方は避けましょう。

STEP3:うるおいや栄養を閉じ込めて逃がさない「乳液&クリーム」

化粧水でうるおいを、美容液でお肌に必要な栄養を与えたら、スキンケアの仕上げに進んでいきましょう。

スキンケアの仕上げは、与えたうるおいや栄養を閉じ込めて逃がさないようにフタをすること。その仕上げのアイテムとして使われるのが乳液やクリームといった油分が含まれているタイプのものです。

乳液とクリームの違いは含まれている水分と油分の割合。乳液のほうが水分多く、クリームのほうが油分多い割合となっています。お肌の状態に合わせて、メイク前の仕上げには乳液を使用し、ナイトケアにはクリームといった使い方もおすすめです。

お肌の乾燥が気になる場合は、乳液を使用した後にクリームをつけるといったダブル使いがおすすめ。乾燥していたお肌が翌朝までしっとり感が持続するはずですよ。

 

スキンケアアイテムはさまざまな種類がありますが、筆者はあくまでシンプルなスキンケア。しかしシンプルだからこそ、ひとつひとつを丁寧にすることを大切にしています。必要なものだけを必要なところに届けることこそ、素肌の美しさを引き出す秘訣。数年後のお肌のことを考え、シンプルで丁寧なスキンケアを続けてみてはいかがですか?

⇒こんな記事も読まれています

肌美人は使い分けてた!「朝と夜のスキンケア」それぞれのコツ・ポイントまとめ

【画像】
※ふじよ、pearlinheart、kouta / PIXTA(ピクスタ)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」