GATTA(ガッタ) > Interior > 試したらぴったりハマった!プロが見つけた収納グッズの「意外な活用術」7選
ファイルボックスに収納したコンセント
interior

試したらぴったりハマった!プロが見つけた収納グッズの「意外な活用術」7選

2021.03.16 20:30

お部屋をすっきりきれいに見せるために大切な収納グッズ。本来は違う場所で使うグッズでも、視点を変えてみると別の用途でも使えることがあるのだそう。

そこで今回は、収納のプロが見つけた意外な収納グッズの活用アイデアをご紹介します。

1:マスクの収納に「ウェットシートケース」

ウエットティッシュケース

出典: GATTA

今や外出時につけることが必須になったマスク。衛生的にスッキリ収納したいけれど、使用頻度が高いため、取り出しやすく目につく場所におきたいものです。

理想的なマスク専用の収納グッズなどもありますが、家族のサイズ別に購入するのは躊躇しますよね。

そんなときは、ホームセンター、3COINS、無印良品など身近なショップでも取り扱いがある『ウェットシートケース』がおすすめです。

お手頃な価格で手に入りやすく、今後マスクの収納が不要になったら本来のウェットシートケースに転用できるのもいいですね。

2:小物が多い玄関の引き出し代わりに「ファイルボックス」

ファイルボックス

出典: GATTA

「扉を開けると棚ばかり」といった収納の場合が多い玄関。”雨具”や“エコバッグ”など、引き出しにグループごとに収納したいモノの収納には、カゴやボックスを使うと便利ですね。

けれど、棚板間隔が広くて上の空間が無駄に余ってしまう場合も。

そんなときは高さのある“ファイルボックス”を使うと効果的。棚板と棚板の間を細かく区分けした引き出しのように使えます。汚れても水拭きできる素材なら玄関周りでも安心ですね。

【もっと詳しく】
想定外に便利だった!玄関に置きたい「意外な使い道で活躍する」収納グッズ3つ

3:ちょこっと残しの食材保存に便利な「文具用ポリ袋」

ポリ袋を使った食材の保存

出典: GATTA

夕飯で多めにつくった惣菜を取り分けて冷凍ストックしておいたり、ほんの少し余った野菜をカットして小分け冷凍しておいたり……。少ない調理で使えるものがあると、手間が減らせてラク家事につながりますよね。調理を先取りした便利なストックも、ただ冷凍庫に放り込んでおくだけでは、いつの間にか真っ白な化石になってしまい、結局は無駄になってしまうなんていうことにも。

そんな小分け冷凍に便利なのが、文具用として販売されているセリアの『チャック付ポリ袋』です。

ラップに包んだままよりマジックでメモしやすく、中にメモ書きを入れておくこともできるので、そのままでは見分けがつきにくい“小さな冷凍ストック”にも無駄なく使えますよ。

さらに、少量で分けてストックしておきたい薬味などもひとまとめにできるのが便利! 保存容器や大きな保存袋に入れるまでもない食材を、わかりやすく整理しやすくしてくれます。

4:使う順にわかりやすく整理できる「細長いトレー」

細長いトレーに収納した食材

出典: GATTA

冷凍ご飯やパンなど食卓によく登場するものは、いざというときのために大量にまとめてストックしておきたいものですよね。けれど、同じものがいくつもあると、どれから使うべきかわからなくなってしまいがちに。

そんなときに便利なのが、100円ショップで多種多様に取り扱いのある細長いタイプの『トレー』です。

同じものをいくつもストックする際は、細長いトレーに手前から順に収納し、使うときに手前から取り出すようにしましょう。スムーズに管理できるので、冷凍庫を開けて悩む時間の短縮になりますよ。

ご自身の冷蔵庫のサイズにあったトレーを活用してみてくださいね!

【もっと詳しく】
買いだめでパンパンに…!冷凍庫で大活躍する「ワザあり100均収納グッズ」3つ

5:重ねずに立てる「ファイリング収納」

ファイリング収納

出典: GATTA

紙モノは、できるだけファイリングなどをして棚に立てて収納したいもの。しかし、どうしても引き出しに収納しなければならないときには、引き出しの中で重ねて積み上げないように注意しましょう。

おすすめはファイルを使うこと。“立てて”収納できるので、ひと目で見渡せます。このようにすれば、引き出し内をかき混ぜながら探し物をする……なんてことがなくなります。

【もっと詳しく】
誰でもできる!プロ直伝「ストック品がスッキリ片付く」簡単なコツ

6:かさばる服を整理する「不織布仕切りケース」

Before

Before

出典: GATTA

After

After

出典: GATTA

上の写真は、整理収納アドバイザーの七尾亜紀子さんのお宅のビフォーアフター。七尾さんのお宅では、『不織布仕切りケース』を利用して収納を見直して見たそう。

キャンドゥやセリア、無印良品で不織布仕切りケースが売られているので、手に入れやすいショップで入手するのがおすすめです。収納を見直す前のBeforeと、引き出しの中身を見直し、さらに仕切りケースを使って収納し直したAfterがこちらです。仕切りでカテゴリをしっかり分けてあげたことによって、どこに何が入っているかわかりやすくなったのだとか!

クローゼットがごちゃごちゃして使いづらい、という方はぜひこのステップを参考に見直してみてくださいね。

【もっと詳しく】
「100均グッズ」を使ってラクラク収納!冬のかさばるクローゼット整理テク

7:コード隠しに活用する「ファイルボックス」

ファイルボックスに収納したコンセント

出典: GATTA

愛用者の多いファイルボックス。重ねて収納できることや洗える素材で、幅広い使い方ができる人気の商品です。サイズ展開もあり、さまざまな収納に使用することが可能です。

なかでも、コード隠しに活用できると整理収納アドバイザーmaikoさんがおすすめするのは、『ファイルボックス・スタンダードタイプ1/2』。

注目したのは、ファイルボックスのサイドにある穴。ケーブル類をファイルボックスに収納し、こちらの穴からケーブルの端子を引っ張り出すことができるのではないかと思ったそう。

ファイルボックスに収納したコンセント

出典: GATTA

5個口以上のコンセントタップでも収まる余地がありそうですね!

【もっと詳しく】
無印良品の意外な活用法!スッキリ一気に片付く驚異の「ケーブル収納術」

 

ご自身のおうちで取り入れられそうなアイデアがあれば、ぜひ活用してみてくださいね!

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。