GATTA(ガッタ) > Interior > アイデアがスゴイ!整理収納のプロが便利すぎて思わず買い足した「収納グッズ」4選
ロング
interior

アイデアがスゴイ!整理収納のプロが便利すぎて思わず買い足した「収納グッズ」4選

2021.03.15 20:00

整理収納を進めていくことで、整理収納アドバイザー・コーチングののぞみさん宅はだいぶモノが少なくなったため、その分たくさんの収納ケースや収納グッズが不要になり処分してきたんだとか。そんな中でも、“仕切る”収納グッズはずっと重宝しているそうです。

①モノの定位置が崩れない、②数が溢れない、③バラバラにならずまとめていれておける……、この3つの用途を果たす収納グッズのおかげで、シンプルで見やすい収納をいつもキープしやすく!

そこで今回はのぞみさんに、便利すぎて思わず買い足した“収納グッズ”を教えてもらいました。100均で買える収納グッズもあるのでぜひマネしてみて。

1:セリア「ドアポケット用仕切り」

仕切り

出典: GATTA

収納ケースに小物を入れても、なぜだかゴチャゴチャしたり、モノが元に戻しにくくなったりした経験はありませんか? そんなときは、ケースに仕切りを入れてみましょう。セリアの『ドアポケット用仕切り』は、ケースに取り付けるだけでOK。

特にキッチンで大活躍! 冷蔵庫の中で使用すると、倒れやすいビンやケチャップなどを立った状態をキープできるので、斜めになったり倒れてきて定位置がずれたりすることもなくなります。食材のストックのケースにも仕切りを入れておくと、ふりかけやゴマなどの袋に入った食材も重なり合って取り出しにくくならず、定位置管理がラクです。

2:セリア「フリーザーバッグ ロングタイプ」

ロング

出典: GATTA

食材を保存しておくのに、セリアの『フリーザーバッグ』のロングタイプを愛用しています。筆者は長ネギが好きでよく買いますが、Mサイズではちょっと小さく、Lサイズでは大きすぎると感じていました。

長いサイズの長ネギやごぼう、輪ゴムで留めておきがちな開封したパスタ、バラバラになってしまう使いかけのそうめんなどの食材はもちろん、外出時には雨に濡れた傘など長いモノはなんでもいれることができます。ぴったりのサイズ感がとても使いやすいです。

3:ちいさなブックスタンド

引き出し

出典: GATTA

キッチンの足元の引き出しに、先ほどの『フリーザーバック』を収納しています。筆者のようにMサイズ、Sサイズ、ロングタイプの3種類をひとつのケースにまとめる場合、ちいさなブックスタンドでそれぞれの間に仕切りを入れておくと便利です。

仕切りを入れないと、どのサイズか分からなくなり在庫の管理がしにくくなります。ケース内でサイズ別にスペースを分けて、上から見てわかりやすいように、輪の部分を上にしてパッと取り出しやすい工夫をしています。

高さ9cm×幅7cmくらいのちいさなブックスタンドは、キッチンの布巾、食器棚のグラス、薬箱の中など、家中のさまざまな引き出しやケースの中を分ける役割を担ってくれるので、いくつあってもとても便利です。

4:セリア「整理収納仕切りケース」

ケース

出典: GATTA

クローゼットの衣装ケースに洋服をしまう際、いくら丁寧にたたんでも、ケース内のスペースにどうやっていれていいか分からない……なんて経験ありませんか? そんなときは、セリアの『整理収納仕切りケース』にTシャツやブラウスなどを種類別に分けてから衣装ケースに入れると、洋服を立てた状態を保つことができるので、取り出すたびにゴチャゴチャにならずとても見やすくなります。

仕切りケースは不織布素材で厚みもあるので、衣装ケース内でしっかりと立てることができます。幅やサイズは色々あり、高さはケースに合わせて折り込んで調整可能。ご自宅のケースにサイズに合わせて購入してみてください。

 

収納ケースや箱状のモノなど、さまざまな収納グッズをたくさん買い揃えても、ケース内が仕切られていないと結局ごちゃごちゃしてしまい、ただどんどんモノを入れておくだけになってしまうパターンもあります。

良さそうな収納ケースをなんとなく買うよりも、まずはモノを整理=要不要に分けること、よく使うモノこそいつでも取り出しやすく立てる、分ける、まとめることを意識してみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

100均で指名買い!意外な場所で使える「ダイソーの積み重ねボックス」活用術