GATTA(ガッタ) > Fashion > 【60kg台コーデ】着太りしない!「ロングワンピース」をスッキリ着こなすコツ5つ
ややぽっちゃりさん向け「ロングワンピースの着こなし」
fashion

【60kg台コーデ】着太りしない!「ロングワンピース」をスッキリ着こなすコツ5つ

2021.02.27 20:30

楽ちんなのに、一枚でキマる“ワンピース”。最近はロング丈が主流となっていますが、布面積が大きくボリューム感が増す分、膨張して見えないか気になりますよね。さらにこの時期はアウターを合わせたり、重ね着したりして着こなすことが多く、さらに膨張してみえてしまうことも。

そこで今回は、60kg台の方におすすめしたい“スッキリ見えする”ロングワンピースの攻略法をご紹介します。

1:アウターを羽織る日は「Iライン」を意識すればOK!

ロングワンピースの上にアウターを羽織る日は厚着になるので、さらに膨張感が気になりますよね。

そんなときはアウターにロング丈のコートorカーディガンを選んで、スッキリ見えの視覚効果がある“Iラインシルエット”を意識すると◎。

2:ふんわりワンピースの羽織りには旬の「ショート丈アウター」を!

ボリューミーなAラインやフレアシルエットなど、ボリュームが特徴の“ふんわりワンピース”にあわせるアウターは、ロング丈だと膨張して見える原因になることも。

この場合はトレンドの“ショート丈アウター”を選ぶと、着膨れせずバランスよく着こなせます。

3:膨張色のロングワンピースは「引き締めの黒」で攻略!

白やナチュラル色、パステルカラーなどの膨張しやすいカラーのロングワンピースは、着膨れした印象を与えてしまいがち。

そんなときはバッグや靴、ベルトなどの小物に、引き締めの“黒”を選ぶことでカバーしましょう。

4:膨張しがちなふんわりワンピースは「ベルト」で引き締めて!

ボリューミーなデザインが可愛い、人気の“ふんわりロングワンピース”。一枚で着ると、膨張して見えることがありますよね。

そんなときは、ワンピースの上からベルトでウエストマークして、メリハリを効かせるのが正解!

また、アウターを羽織る日は、ベルト付きのアウターで代用したり、アウターの上からベルトでマークしたりするのもGOOD!

5:ワンピ×ニットの重ね着も「薄手のタートルネック」なら着膨れ知らず!

季節の変わり目は、アウター要らずの日もちらほら。そんな日は、“重ね着コーデ”くらいがちょうどいいのですが、重ねることで着膨れして見える可能性も……。

そこでおすすめしたいのが、ゆったりしたシルエットのシャツワンピースのインナーに、“薄手のタートルネック”を重ねるコーディネート。しっかり暖かいのに、着膨れせずスッキリ着こなせますよ。

 

大人気のロング丈ワンピースですが、ボリューミーなシルエットなので着こなし次第では膨張してみえてしまうことも……。今回ご紹介した着こなしテクニックは、明日からマネできるものばかりなのでぜひ参考にしてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

【60kg台コーデ】着痩せ効果アリ!スキニーパンツをスッキリ着こなすコツ5選

【画像】
※Street style photo、Creative Lab、eversummerphoto、aniarenard / Shutterstock.com