GATTA(ガッタ) > Beauty > ニキビ肌のケア、どうすべき?マスクで肌トラブルに悩んだら試したいこと
スキンケアをする女性
beauty

ニキビ肌のケア、どうすべき?マスクで肌トラブルに悩んだら試したいこと

2021.02.25 21:00

マスク生活が続き、気になるニキビや肌荒れ。「大人になってからニキビができることなんて、めったになかったのに……」と悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

ニキビ予防やできてしまったニキビの対処法は、具体的に何をすればよいのかわからないもの。そこで今回は、マスクで肌トラブルに悩んだら試したい美容ライターのみなさんが実践するニキビ肌のスキンケア&対処法をご紹介します。

プロが実践!ニキビ肌におすすめのスキンケア

1:帰宅後はすぐにクレンジングをする

帰宅をしたらマスクをすぐに外してクレンジングをするのがおすすめ。マスクを長時間つけているそのマスク下ではムレによる雑菌の繁殖や、過剰な皮脂が毛穴に詰まるなどの心配があります。だからこそいち早く肌を清潔な状態にすべく、帰宅後は”秒で”クレンジング。

肌を擦ったりせずにやさしく洗うことを意識しましょう。

2:うるおい不足をリセットする

クレンジングにより肌を清潔な状態にしたら、スキンケアアイテムを使って保湿をしていきます。口元やあごなど、マスクをつけることでニキビができてしまいやすいところは、ムレにより角質層のうるおいが失われているためデリケート。そのためほかの部分より刺激をあたえないように、しっかり保湿することを意識します。

そこで使えるテクニックが”コットンパック”なのです。まだニキビができていないのなら、いつも使用している化粧水をコットンに含ませて肌にのせ、コットンが乾く前にはずしましょう。

ただし、ニキビがすでにできてしまっているという場合は、シンプルに保湿ができる化粧水をセレクトします。美容成分が豊富に含まれていると、肌にもよいイメージがありますが、肌が荒れているときは別。美容成分がかえって刺激になってしまう場合もあるので、シンプルな保湿だけのケアがおすすめです。

3:角質ケアをする

コスメコンシェルジュで美肌研究家の杉本由美さんによると、繰り返してしまう大人ニキビの原因として考えられるのはターンオーバーの乱れによるもの。ターンオーバーが乱れている肌は角質が分厚くなり、皮脂詰まりを引き起こしやすくなるといわれています。大人になると顎ニキビができやすくなるのは、皮脂腺が多いうえ皮膚が分厚くいため皮脂詰まりが起こりやすいから。

そこでおすすめなのが日々のクレンジングをしっかり行い、皮脂詰まりを防ぐこと。さらに定期的に角質ケアを行ってあげることなんだそう。角質ケアにはピーリングやゴマージュ、または酵素洗顔などといったアイテムを活用してみてください。

4:定期的にスペシャルケアをする

毎日のスキンケアをしっかり行っているとはいえ、それでもお肌内部の水分は不足しがちです。お肌の乾燥は、ターンオーバーが乱れてしまう原因となるため、しっかり保水してターンオーバーを正常化しておくことは大人ニキビを防ぐことにつながります。

そこで杉本さんがおすすめするのが、定期的なスペシャルケアで肌内部の不足した水分を補うこと。週に1度くらいのシートマスクでも十分でしょう。この定期的なうるおい補給が、大人ニキビ回避に大きく貢献してくれますよ。

【もっと詳しく】
マスクでできた「口あごニキビ」…急な肌荒れ時にプロがやっていること
これだけで差がつく!? 「大人ニキビ回避」を目指すスキンケア3つ

プロおすすめ!ニキビケアを目指す「優秀スキンケアアイテム」

美容ライターのyumepoさんと、コスメコンシェルジュの皆川みほさんに肌トラブルになったら試したい“スキンケアアイテム”を教えてもらいました。

美容ライターyumepoさんおすすめのスキンケアアイテム

■IPSA「ザ・タイムR アクア」

IPSA『ザ・タイムR アクア』

出典: GATTA

美容ライターのyumepoさんのおすすめの一つが、抗炎症成分が入ったイプサの薬用化粧水。大人ニキビは、肌が乾燥してしまうと、乾燥から守るために皮脂が過剰分泌してしまうことできるといわれているため、しっかりと保湿をすることが大切なんだそう。

IPSA(イプサ)の化粧水はさっぱりしているのに保湿力もしっかりあります。yumepoさん自身、化粧水をこれに変えてから肌荒れが徐々に落ち着いた経験があるのだとか。アルコールフリーなので敏感肌の方も手に取りやすい化粧水です。

【商品詳細】
IPSA『ザ・タイムR アクア』メーカー希望小売価格 / 4,400円(税込)

■CLINIQUE「ターンアラウンド セラム AR」

CLINIQUE『ターンアラウンド セラム AR』

出典: GATTA

ニキビの要因の1つといわれているのが、お肌のターンオーバーの遅れ。こちらのCLINIQUE(クリニーク)の『ターンアラウンド セラム AR』は、ターンオーバーが正常になるように肌にアプローチしてくれる美容液です。

肌に塗るとさらっとした質感に変わるので、朝使ってもメイクの邪魔をしません。yumepoさんは、以前は頻繁に肌荒れしやすかったそうですが、使い始めてからかなり落ち着き今や手放せないアイテムとなっているそう。

【商品詳細】
CLINIQUE『ターンアラウンド セラム AR』メーカー希望小売価格 / 30ml・5,720円(税込) 50ml・8,250円(税込)

コスメコンシェルジュ皆川みほさんおすすめのスキンケアアイテム

■イニスフリー「ミネラル メイクアップ ベース N」

イニスフリー『ミネラル メイクアップ ベース N』

出典: GATTA

マスクの蒸れによる赤みには、コントロールカラーの“グリーン”を使うと目立ちにくくしてくれる効果が期待できます。

イニスフリーの『ミネラル メイクアップ ベース N』は、チャ葉エキスをはじめとしたうるおい成分を配合しています。赤みをカバーしつつ、しっとりとした仕上がりにしてくれるそうですよ。

【商品詳細】
イニスフリー『ミネラル メイクアップ ベース N』 / 1,540円(税込)

■CANMAKE「カラーミキシングコンシーラー」

CANMAKE『カラーミキシングコンシーラー』

出典: GATTA

マスクによるスレや蒸れなどで、気づいたらできてしまったニキビは“固め”のコンシーラーでカバーするのがおすすめだそう。

皆川さんが愛用しているのはCANMAKE(キャンメイク)の『カラーミキシングコンシーラー』。付属のブラシで自分の肌色にあわせて色を混ぜ合わせ、ニキビの上にのせたら、反対側のチップで肌をフラットにすることを意識しながらなじませます。

ニキビが目立たなくなるだけでなく、カバー力も高いのが魅力。崩れにくくなるので、マスクを外したときもニキビ部分が気にならないんだとか!

パレットタイプで何色か入っているコンシーラーは、自分の肌色に合わせてミックスできるので重宝しそうですね。

【商品詳細】
CANMAKE『カラーミキシングコンシーラー』 / 750円(税抜)

【もっと詳しく】
ニキビがなくならない…奮発してでも試してほしい「肌トラブル」の三種の神器
マスクで肌が荒れる…気になる「ニキビや赤み」を目立たなくするコツ

プロに聞いた!ニキビができてしまったときの対処法&注意点

【対処法】

■保湿効果の高い下地をセレクトする

大人ニキビの原因はホルモンバランスや食生活の乱れ、睡眠不足に加え、乾燥が原因という場合もあるといわれています。そのため、メイク前のスキンケアはもちろん、下地でも保湿を強化しておきましょう。メイク崩れを防ぐだけではなく、肌トラブルの悪化を避けることも期待できます。また、手で直接触れるスキンケアより、コットンパックでの保湿がベターです。

■パール配合の下地を塗る

下地、リキッドファンデーションを塗る際は、下地にはパールが配合されているものを選びましょう。パールの視覚の効果が、ニキビの凹凸のカバーにつながります。

■コンシーラーで隠す

ニキビができた箇所に、お肌と同じ色味の少し固めなコンシーラーを筆にとってなじませましょう。

【もっと詳しく】
美容ライターに聞いた!「大人ニキビ」をメイクでこっそり隠す3つのテク
透き通るようなすっぴん肌に!プロが教える「ニキビ・肌荒れ」のカバーメイクテク

【注意点】

■清潔なスポンジなどを使用する

コンシーラーをつけるときは、ニキビ部分に菌が付着しないよう、清潔なスポンジなどを使用するのがおすすめです。全体を覆わないことで皮脂詰まりの軽減を目指します。

■気になる部分だけをカバーする

近くで見ると吹き出物が気になるのは当然!  少し鏡から離れて顔全体を見ながらメイクをしましょう。

その際、いつも通りのメイクをして、本当に目立つ部分だけをカバーします。赤みが目立つ場合はブルーやグリーンのコントロールカラーを下地に仕込むだけで、かなりカバーできます。

【もっと詳しく】
美容ライターに聞いた!「大人ニキビ」をメイクでこっそり隠す3つのテク
プロが実践してます!ニキビや吹き出物を「自然に隠すメイクテク」3つ

 

今回は、“ニキビ肌”に悩んでいる方へ向けたスキンケア方法やおすすめアイテムをご紹介しました。

ただでさえ肌のトラブルに悩むことが増えるこの季節。マスクトラブルに負けないために、自分にあったケアを見つけてくださいね。

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。
※ 商品は取材時のものになり、価格は編集部調べです。

【画像】
 Ushico、JADE、Fast&Slow、miya227  / PIXTA(ピクスタ)