GATTA(ガッタ) > Bodymake > 外もも・内ももに同時アプローチ!ほっそり太ももを目指す3分エクササイズ
1
bodymake

外もも・内ももに同時アプローチ!ほっそり太ももを目指す3分エクササイズ

2021.02.20 20:00

「ぷにぷにした太ももをどうにかしたい!」「太ももの隙間がほしい」どちらも叶えるには、外ももと内ももの両方にアプローチしていく必要がありますね。しかし、同じ脚痩せを目指すエクササイズでも、どちらか一方しか叶えられないものもあるので要注意。

そこで今回は、ヨガインストラクターのyuukaさんに、外ももと内ももの引き締めを同時に目指す3分間のエクササイズを教えてもらいました。

太ももの内と外どっちも!同時に引き締めを目指す「3分エクササイズ」

2

出典: GATTA

(1)あぐらで座ります。

3

出典: GATTA

(2)右ひざを立てて右の足の親指を握ります。

4

出典: GATTA

(3)息を吸います。息を吐きながら、右脚を伸ばせる範囲で伸ばします。

5

出典: GATTA

(4)息を吸いながら伸ばした脚を再び曲げ、親指を握っていた指を、脚の人差し指から小指までの4指に持ちかえます。

4

出典: GATTA

(5)息を吐きながら右ひざを曲げ、足先をお尻のほうへ向けます。そして上体を左方向へねじるようにして右の太ももの前側を伸ばします。

(6)息を吸いながら右脚を前方へ戻し、内ももを意識しながら再び右脚を伸ばせる範囲まで伸ばします。

(7)30秒〜1分丁寧に繰り返します。

(8)反対側も同様に行いましょう。

股関節を起点にして動かそう!

股関節を動かすように意識すると、太ももがしっかりとアプローチできます。

太ももの外側と内側を整えるためには、太ももの前側も整えることが大切。股関節を起点にして満遍なく動かしていくと、脚の付け根からスッキリしやすくなりますよ。

 

最初はスムーズに動かせないかもしれません。まずは丁寧に行うこと、そしてひざは伸ばせる範囲で伸ばすことを意識していきましょう。

⇒こんな記事も読まれています

太もものスキマがほしい…!スラッと伸びる美脚を目指す「寝ながらエクササイズ」

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」