GATTA(ガッタ) > Hair > シャワーの温度も注意?ヘアカラー後のお風呂で気をつけたい「NG行動」4つ
タオルドライ
hair

シャワーの温度も注意?ヘアカラー後のお風呂で気をつけたい「NG行動」4つ

2021.02.14 20:00

美容室でカラーをしてもらったあと、「今日は髪の毛を洗わないようにしてくださいね」と言われたことはありませんか? 実はカラー後の髪の毛にしないほうがいいことはたくさんあります。せっかくきれいなに染まった髪色がすぐ落ちてしまう可能性も……。

そこで今回は美容師の堀江昌樹さんに、ヘアカラー後のお風呂で避けたほうがいいことを教えてもらいました。

NG1:湯船に髪の毛まで浸かる

特にロングヘアなど髪の長い方にありがちなシチュエーションです。何も気にしていなかった……という方が多いはず。

湯船のお湯は大体39~41度。対して、カラーの落ちにくい温度は36度以下といわれています。なので、36度よりも高い温度のお湯に髪がつかってしまうと、色落ちの原因になってしまう可能性も。

髪が結べる方は結んで、髪がお湯に浸らないようにしてくださいね。

NG2:シャワーの温度を37度以上に設定する

NG1で伝えたように、カラーは温度が37度以上だと色落ちがしやすいです。なので、夏場であれば水でシャンプーしたほうがいいほど、髪は非常に繊細。

できる限りぬるま湯でシャワーを使うよう意識してみましょう。

そして、シャンプーはカラーが落ちにくいものを使用するのがおすすめ! 今はドラックストアでもカラー専用シャンプー、色素が入ったシャンプーなどが手に入ります。

ブリーチ毛やグレージュ、ブロンドカラーの方はムラサキシャンプーがおすすめ。ピンクシャンプー、ブラウンシャンプーなどもあるので、ぜひ自分のヘアカラーと相性のいいものを一度探してみてくださいね。

NG3:カラー当日にシャンプーで髪を洗う

カラー直後のシャンプーはできるだけ避けましょう。筆者の感覚では、これが一番カラー落ちに直結しやすい印象です。

カラーした日はシャンプーせず、最低でも24時間感覚をあけるようにしてみてください。48時間あけるのがベストですが、難しい場合は無理に我慢しなくてOK。

間隔を守るだけでも、カラーの持ちが変わってくるはず!

NG4:髪の毛を濡れたまま放置する

お風呂上がりは気持ちよくなって、ついついダラダラしてしまう時間ですよね。ですが、濡れた状態の髪を放置する時間が長すぎると、色落ちやダメージの原因になる可能性があります。

必ずすぐに乾かすことをおすすめします。濡れたまま寝るのはできる限り避けてください!

髪のことを考えるなら、お風呂上がりにすぐにでも乾かすようにしましょう。

 

意外としてしまっていたヘアケアも多いのではないでしょうか? 一つ一つ改善してきれいな髪色を長い期間楽しんでくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

意外と知らない!? 美容師が当たり前にしている「お風呂のヘアケアルーティン」

【画像】
※ Fast&Slow、buritora、マハロ / PIXTA(ピクスタ)