GATTA(ガッタ) > Interior > 手間をかけずにラクしたい! 掃除の頻度が減る「部屋づくり」たった2つのコツ
リビングダイニング
interior

手間をかけずにラクしたい! 掃除の頻度が減る「部屋づくり」たった2つのコツ

2021.01.18 20:30

昨年から続く新型コロナウイルスの影響で、今年もおうちで過ごす時間が多くなりそうですね。おうち時間を心地よく過ごすためには、やはり欠かせないのが“掃除”です。しかし、おうちで過ごす時間が多いほど、その分汚れもたまりやすくなり、ますます掃除が面倒になってしまうことも。

そこで今回は整理収納アドバイザーのmaikoさんに、掃除の頻度を少なく抑えられる部屋づくりのコツを教えてもらいました。

インテリア雑貨は飾る場所に注意

おうち時間を楽しむために、インテリアアイテムを取り入れている人も多いですよね。特に、コンパクトなインテリア雑貨は、飾るだけで部屋のイメージを雰囲気あるものにしてくれるので重宝します。しかし、こまごましたインテリア雑貨は、ホコリがたまりやすくなるといった“掃除的デメリット”もあるのが実際のところ。

インテリア雑貨を飾るときは“飾る場所”に注意しましょう。手が届きにくい高いところや、ホコリっぽくなりやすい家電の近くは避けるのが無難。また、床に直置きするのも、掃除機の際に邪魔になります。掃除の手が届きやすい高さに、密になりすぎないよう飾るといいですね。

インテリア雑貨に掃除の手間をかけたくないなら、“壁掛け”もおすすめです。フレームに入れたポスターやお気に入りのカードたちを壁に飾るだけなら、掃除の手間はほとんどなく、気軽に取り入れられますよ。

家具選びで掃除がラクになることも

おうち時間が増えたことで、モノが増えたという人も多いですよね。増えたモノを収納するため、リモートワークがメインになったため……など、その環境を整えるために、家具の買い足しを検討している場合もあるはず。新しく家具を選ぶときは、デザインや収納量だけでなく、掃除のしやすさにも注目して選びたいですね。

掃除のしやすさNo.1としておすすめしたいのが、キャスターつきの家具。掃除の際簡単に移動できるので、汚れをためてしまうことがありません。必要なときにだけ近くにセッティングして使うこともできるので、リモートワーク時も活躍しそうです。

また、家具を置いていると気になるのが、壁と家具の間にたまるホコリ。家具を動かして掃除するのは手間がかかるため、見て見ぬ振りをしている間に汚れがひどくなっていた……なんてことは避けたいですよね。そんな悩みにおすすめなのは、脚つきの家具。脚つきの家具を壁からほんの少しだけ離して設置すれば、壁との間のホコリも下に落ちやすくなりなります。家具の下の床掃除は、普段の掃除の一貫として済ませれば簡単にキレイを保てますよ。

 

清潔に整った部屋だと気分も高まりますよね! 掃除の手間が省ける工夫で、ラクしてキレイを保ちましょう。

⇒こんな記事も読まれています

パサつき、ごわつき、広がり…冬の髪の悩みに美容師おすすめのケア方法3つ(AD)

配置を変えるだけ!? リビング掃除が格段にラクになる「部屋づくりのコツ」5つ