GATTA(ガッタ) > Interior > イライラがグッと減る!キッチン作業の不便が解消した「プロ流」収納術3選
キッチン収納2
interior

イライラがグッと減る!キッチン作業の不便が解消した「プロ流」収納術3選

2021.01.16 21:30

料理・片付け・ゴミ出し……と数えきれないほどの家事を毎日こなすキッチン。盛り付ける食器を並べる、消耗品を交換する、必要なキッチングッズを取り出すなどの、そんな一つ一つの作業が今よりもラクになればストレスは減り、毎日の家事の時短につながりますよね。

そこで今回は整理収納アドバイザーのyaiさんに、キッチン作業をラクにする収納方法を教えてもらいました。

1:よく使うモノはしまわない

毎日使うモノは出しっぱなしがおすすめ。ですが家事の邪魔になってはいけないので、筆者はフックを使って“吊るす収納”にしています。

キッチン収納5

出典: GATTA

オーブンレンジのすぐ近くにミトンを掛けておくことで「すぐに使いたい!」というときも、サッと手に取ることができます。“使う場所の近く”に吊るすのも大切なポイントですね。

2:使うときの手間をはぶく

ゴミの日がやってくるたびに交換する“ゴミ袋”ですが、以前の筆者はその都度パッケージから一枚ずつ取り出していました。思い切り引っ張ると、残りの袋まで出てきそうになり、そーっと引っ張ると時間がかかる……。ズボラでめんどくさがりな性格には、地味にストレスを感じるポイントでした。

キッチン収納

出典: GATTA

そこで100円ショップなどで購入できる『つっぱり棒』を二本使用して、その場から一歩も動かずにサッとゴミ袋がとれる“掛ける収納“にすることで、ゴミの日がストレスフリーになりました!

キッチン収納6

出典: GATTA

つっぱり棒を二本使用することで、すべり落ちやすい素材のゴミ袋がずれ落ちることもなく、サッと一枚だけ取ることができます。毎回ストック収納へ取りに行く手間もはぶけて、本当に使いやすくなりました。

3:壁面収納を活用してスペースをとらない

キッチンで作業しているときに欠かせない、ティッシュペーパーやキッチンペーパー類。キッチンのワークトップに置いていると、料理をするときにとても邪魔ですよね。出しっぱなしだと掃除がしにくいので、汚いキッチンになるのは時間の問題です。

キッチン収納7

出典: GATTA

筆者はめんどくさがりなので、“掃除がしやすくて料理がしやすい”壁面収納に採用しています。これならワークトップには何も置いていない状態をいつもキープできますし、収納に場所をとられません。冷蔵庫の側面ならマグネットでくっつくのでおすすめです!

壁面が近くにないのに無理にやってしまうと、かえって使いにくいことも……。いつものキッチンの立ち位置から近いかどうかも、その壁を使うポイントとしてしっかりチェックしてみてください。

 

毎日使うキッチンだからこそ、家事は効率よく進めたいもの。日々のキッチン作業中に不便やプチストレスを感じたら、ぜひ収納方法を工夫して“使いやすいキッチン”にアレンジしてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

パサつき、ごわつき、広がり…冬の髪の悩みに美容師おすすめのケア方法3つ(AD)

想定外に便利だった!玄関に置きたい「意外な使い道で活躍する」収納グッズ3つ