GATTA(ガッタ) > Hair > 面長さんの悩みを一気に解決!理想のボブに仕上がる「失敗しない」オーダー法
hair

面長さんの悩みを一気に解決!理想のボブに仕上がる「失敗しない」オーダー法

2021.01.29 20:00

顔の形で印象が変わってきますよね。面長さんの場合は、クールでスタイリッシュな印象が魅力的である反面、顔が長く見えることに悩む人も多いんだとか。

そこで今回は美容師のmiyuriさんに、面長さんの悩みを解決に導くボブのオーダー方法を教えてもらいました。

縦長のヘアスタイルはNG!

顔の長さを引き立ててしまうので、縦が強調されるヘアスタイルは避けるのがベター。

レングスを長くしたいのであれば、横にボリュームを出していきましょう。全体的に自然なボリュームも必要!

面長さん必見!理想のボブに近づくオーダー方法

ポイント1:ボブは肩上の長さがおすすめ

まず、ボブにするなら肩上の長さをオーダーしましょう。

自然にふわっとするボリュームをつくりつつ、肩より上の長さになっていると縦長の印象が薄くなります。前髪があることによって、おでこの幅を隠すことができるのも、面長さんにとって似合わせポイント。

そして、前髪の横から後ろに流れるような毛をつくって、顔が見える範囲を広げましょう。横幅を見せることで面長な印象を与えづらくなりますよ!

ポイント2:後ろ髪を短めにカット

前髪なしの場合は、後ろの長さを少し短くしたほうが全体のバランスがよくなります。頬にかかるくらいの長さを後ろに流すことで、縦ではなく横にボリュームを出すことが可能!

顔まわりはスタイリングのときにふわっと内巻きにすると、さらに横にボリュームがでやすくなるのでぜひ試してみてください。

ポイント3:顔の横幅をなだらかに見えるようカット

ボブから髪が伸びても美シルエットを保ちたいなら、前髪から横髪まで顔の横幅をなだらかに見せるようカットするのがポイント。前髪の幅と横のボリュームを意識して、カットしてもらいましょう。

さらに、顔まわりや後ろはナチュラルにふわっと動くようなスタイリングをすると、よりおしゃれに見えますよ。パーマをかけると、もっと簡単にスタイリングしやすくなるのでおすすめ!

 

面長さんは前髪のカットやスタイリングはこだわるのがポイント。前髪の幅や薄さ、おでこにかかる髪、肌の見え方は1ミリの差でも印象が変わってきますよ!

ぜひ次回オーダーするときの参考にしてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

【2021年トレンド予想】ふんわり質感がカギ!? 最旬の大人ボブ4選