GATTA(ガッタ) > Hair > 今年も人気の予感!ショート・ボブにおすすめ「大人ウルフカット」3つ
hair

今年も人気の予感!ショート・ボブにおすすめ「大人ウルフカット」3つ

2021.01.21 20:00

昨年からジワジワと人気が出てきている“ウルフカット”。ウルフはウルフでもガッツリ切り込むのではなく、顔まわりだけ切り込む、ボブっぽさを残して切り込んでいく……など、トレンドの中に少し個性を出したスタイルが流行りましたね。

美容師のmiyuriさんは動きのあるヘアスタイルが自身も好みらしく、「今のスタイルに飽きたな」と悩んでいるお客様には「動きのでるウルフにしませんか?」と提案するほどウルフカットをおすすめしているんだとか!

そこで今回はmiyuriさんに、ショート~ボブで挑戦できる“おすすめのウルフカット”を教えてもらいました。

1:伸ばしかけウルフ

ショートからボブに伸ばしたい人必見の“伸ばしかけウルフ”! 全体が切り込まれているのでくびれができ、かっこよさがでるウルフカットで、伸ばしかけの過程も楽しめます。

顔まわりから自然に後ろへ流れて、毛先は外にハネているので、後頭部の丸みにあわせてかぶさるようなラインがでます。スタイリングをせずとも、美シルエットを再現できるのが魅力です。

少し個性をプラスしたいなら、ぜひ伸ばしかけウルフに挑戦してみて!

2:フェミニンウルフボブ

“ウルフヘア”というと、カジュアルで個性的な印象を持っている人が多いのでは? ですが、実は上品な雰囲気を演出できる“ややウルフ”のボブスタイルもあります。

1つ目のウルフスタイルより、上品な印象に見えるのは後ろの重心が低いから。前の重心と後ろの重心を同じ位置にするとキリッとした印象にならないため、柔らかさを演出できます。カジュアルからスウィートまで、いろんなファッションにあわせやすいのがうれしいですね。

スタイリングは毛先は外ハネ、表面だけ内巻きにするだけなので簡単! 仕事でもプライベートでも、シチュエーション選ばず楽しめる万能ウルフボブです。

初めてウルフに挑戦するなら、このフェミニンなウルフボブがおすすめ!

3:パーマ×ウルフヘア

最後は、個性をいかした“パーマ×ウルフカット”。パーマのカールで動きを出したヘアスタイルです。

顔まわりを切り込んでいるため、動きが出やすく、骨格のカバーも叶います。

個性的なヘアスタイルのため、「挑戦しにくいな」と感じるかもしれませんが、普段からマニッシュファッションやカジュアルが好きな方なら楽しめるはず!

 

ウルフといってもさまざまなシルエットのカットがあるので、自分に似合うデザインを美容師と相談して決めてみてくださいね。

切り込む幅で印象がガラッと変わるので、短く切らずとも新しい自分に出会えるはず!

⇒こんな記事も読まれています

パサつき、ごわつき、広がり…冬の髪の悩みに美容師おすすめのケア方法3つ(AD)