GATTA(ガッタ) > Beauty > 年齢と共に変化する!? 顔型でわかる「本当に似合う眉」に仕上げるコツ
眉メイクのコツ
beauty

年齢と共に変化する!? 顔型でわかる「本当に似合う眉」に仕上げるコツ

2021.01.08 21:00

お顔の印象を大きく左右する眉。似合う眉を知る方法の一つは、お顔の形や骨格を意識した眉のバランスを見極めることです。

ただ、メイクアップアーティストの小笠原彩さんによると、「私は丸顔だからこの形が似合う」と思っていても、似合う眉は変化する可能性があるのだとか。お肉の付き方が変わったり、肌が少したるんできたりなど、年齢による変化によって変わってくるそう。

なので、一度ご自身の顔の形で似合う眉を見つけても、「最近だんだん頬が痩せてきたな」「お肉のつき方が変わったな」などの変化を感じたときに、今一度眉の形も検討するのがおすすめ。

そこ今回は小笠原さんに、今の顔型にあわせて判断したいバランスのいい眉の形を教えてもらいました。

眉もアップデートが必要!

アイシャドウやアイライナーのメイクの仕方は年齢と共に変えるけれども、眉の形を変えることはあまりない……眉メイクを頻繁に変えている方は意外と少ないんですよね。

段々とお顔全体のバランスが変わってきたり、目の位置が変わったりすることもあるので、変化に合わせてベストの眉を探していくことがおすすめです。多い例でいうと、少しずつ頬のお肉が減ってきて、頬骨がでて見えてしまうことで、今まで面長だと思っていたお顔が実は頬骨が一番張って見える“ダイヤモンド型”だったことが挙げられます。ほかにも、丸顔かと思っていたけれど、たるみなどの影響で面長さん寄りに変化することも。

「この顔のタイプだから、私はこの眉が似合う」と一度で決めつけずに、ご自身のそのときのお顔の形にあう眉を見極めていくことが大切です。

顔型別!似合う眉に仕上げるコツ

ダイヤモンド型:眉山に緩やかなカーブや若干の角度をつけた眉がおすすめ

お顔の横幅の中で、頬骨が一番張って見えるのがこのダイヤモンド型タイプ。元々の骨格以外にも、年齢と共に頬のお肉が減ってくると、ダイヤモンド型に変化してくる場合も多いです。

筆者も面長だと思っていましたが、あるときを境に面長に似合う眉のタイプが似合わないことに気づき、お顔の形がダイヤモンド型に変化しているのだと気づきました。

ダイヤモンド型は、平行眉にすると余計頬骨が目立って、全体が詰まって見えてしまうことがあります。なのでおすすめは、少しだけ緩やかなカーブや若干の角度をつけた眉。

あまり角度をつけすぎると強い印象を与えすぎてしまうので注意が必要ですが、逆に角度が全くついていない眉はバランスが取りづらくなります。眉山をなだらかに作り、緩やかなカーブや若干の角度をつけた眉に仕上げていきましょう。

面長型:平行眉、少し上昇気味のストレート眉がおすすめ

年齢と共にたるみなどの影響で、お顔がだんだん間延びしてきたように見えることがあります。今までは気にならなかったとしても、気づけば面長寄りに変化していることも。

面長は基本平行眉が似合うといわれていますが、「だんだんお顔が間延びしてきたかもしれない」と感じる面長は、平行眉、もしくは少し上昇気味に角度をつけたストレート眉がおすすめ。

「平行眉だとなんだか輪郭が締まらないかな」と感じる場合は、上昇気味の眉を試してみましょう。

また、面長は大人っぽい印象を与えやすいので、若々しい印象を与えたい場合は、若干眉尻を短めにする方法もおすすめです。

ほかにも、眉の形以外に、眉の位置もお顔の印象を左右する大事なポイント。

例えば、まぶたと眉の感覚を開けすぎると顔が間延びして見えてしまい、目力が弱く見えてしまうことも。そのような場合は、眉の位置を目に近づけるよう太めに仕上げることがおすすめです。

眉の位置は大幅には変えられないので、太さや角度などで微調整していきましょう。

 

眉は1ミリの変化でも、お顔のバランスに大きく影響しやすい箇所。一度決めた形だけで眉を描いていくのではなく、その時々の変化にあわせて眉の形もアップデートしていきましょう!

⇒こんな記事も読まれています

メイクをしてもお疲れ顔?「マスク美人」を叶えるポイント3つ(AD)

【画像】
※a.otsuka、ペイレスイメージズ1(モデル) / PIXTA(ピクスタ)