GATTA(ガッタ) > Hair > ショートは失敗するって思ってない?美容師が選ぶ「初心者向け」小顔ヘアスタイル3つ
hair

ショートは失敗するって思ってない?美容師が選ぶ「初心者向け」小顔ヘアスタイル3つ

2021.01.19 20:00

一度、髪の毛を短く切ってしまうとスタイルを変えづらいこともあり、ショートヘアは失敗しやすいと思っていませんか? しかしショートヘアは、数センチ数ミリの長さの違いでも印象が変わります。その中でも、誰でも挑戦しやすく、かつ小顔見えも叶うスタイルがあるのだとか。

そこで今回は、美容師の菊池紗希さんに、ショートヘア初心者におすすめしたい“小顔見え”が叶うスタイルを教えてもらいました。

1:襟足すっきりショート

「トップにボリュームが出にくい」「頭の形が気になる」そんな方には、襟足をすっきりさせたショートヘアスタイルがおすすめです。

自然とトップにボリュームが出るのが魅力。360度どこから見てもきれいなシルエットが再現できるので、お手入れしやすいショートヘアです。

2:前髪長めのハンサムショート

「ショートヘアは幼く見えないか不安」そんな方には、ハンサムショートがおすすめ!

前髪を長めに残すことで、大人の落ち着いた印象を演出できます。はじめてでバッサリ髪を切るのは勇気がいる……なんてときも、顔まわりに毛が残っているので安心!

顔まわりに毛があることで、小顔効果まで狙えます。いいこと尽くしのハンサムショートヘアは、はじめてでも挑戦しやすいですよ。

3:襟足ぎりぎりショートボブ

「ばっさり切る前に段階を踏んでからショートにしたい」「結べなくてもいいけど短くしすぎず、ショートのようにスッキリしたい」そんな方に提案したいのが、襟足ギリギリのショートボブスタイル。

ショートボブは、首まわりをスッキリみせてくれるので、どんなファッションでもバランスがとりやすいのが特徴。襟足ギリギリまで長さがあるので、短すぎる印象を与えないのも安心ですよ。

 

ショートヘアは、短い髪の自分が想像できないために「似合わなかったときどうしよう……」と考えてしまい、ロングやミディアムヘアの方が挑戦するとなると勇気がいるヘアスタイル。

ですが、前髪や顔まわりの毛を残したショートであれば、短すぎる印象を与えづらく、失敗しにくいです! ぜひ今回の記事を参考に、新しい髪型に挑戦してみては?

⇒こんな記事も読まれています

パサつき、ごわつき、広がり…冬の髪の悩みに美容師おすすめのケア方法3つ(AD)