GATTA(ガッタ) > Hair > 【2021年トレンド予想】ふんわり質感がカギ!? 最旬の大人ボブ4選
hair

【2021年トレンド予想】ふんわり質感がカギ!? 最旬の大人ボブ4選

2021.01.18 20:00

短めシルエットのボブは、スタイリング次第で大人っぽくも可愛らしくも変化できるヘアスタイル。特に、今年は柔らかい雰囲気のふんわりシルエットがトレンドになる予感!

そこで今回は美容師の菊池紗希さんに、2021年流行りそうな“最旬の大人ボブ”を教えてもらいました。

1:まとまるボブ

ブローのみでまとまるボブ。丸みが出るようカットしているので、自然と丸いシルエットにまとまります。朝忙しくて時間がない、アイロンやコテを使わずにセットしたい方におすすめのヘアスタイルです。

コテで巻いたようなしっかりした内巻きではなく、自然に毛先が内側に入ります。柔らかい雰囲気を演出でき、大人な印象に!

2 柔らかいレイヤーボブ

ボブの表面に軽くレイヤーを入れたスタイル。ふわっとした質感が、細毛軟毛でも再現しやすいです。

「流行りのヘアオイルで質感を出したいけど、ペタッとしたくない」「スタイリングでボリュームが出しにくい」と悩む方にぴったり! レイヤーが入っているので、立体感のあるふんわりシルエットが叶います。

3:切りっぱなしボブ

長年にわたり、不動の人気を誇る切りっぱなしボブ。ですが、実は切りっぱなしだけのスタイルだと、どこか幼い印象に仕上がってしまうことも……。

そこで筆者のおすすめが、アイロンやコテを使い、少しだけ外ハネにすること。ほどよく抜け感がでて、シルエットにメリハリがつきます。

ポイントはやりすぎないこと! やや外ハネのゆるい巻き具合がおしゃれです

4:S字カールパーマ×ボブ

ボブシルエットに、ふわっとS字カールのパーマをプラスするスタイル。ストレート毛やボリュームが出にくい方におすすめです!

毛先のみのカールではなく、思い切ってトップ、中間からパーマをかけてあげることで、全体的にふわっとした質感がつくれます。「ぺたんこ髪になってしまう」というショートのあるある悩みも、このS字カールパーマをかければ解決!

 

ふんわり・丸みのある“柔らかいシルエット”が今季のトレンドになる予感……! 暖かい春に向けて、新しい雰囲気に挑戦してみませんか?

⇒こんな記事も読まれています

パサつき、ごわつき、広がり…冬の髪の悩みに美容師おすすめのケア方法3つ(AD)