GATTA(ガッタ) > Interior > その選択、エコですか?毎日の家事で見直したい「手間もゴミも減る」アイデア4選
油の処理
interior

その選択、エコですか?毎日の家事で見直したい「手間もゴミも減る」アイデア4選

2020.12.26 20:30

家事をラクにするために、色々な消耗品やグッズを取り入れている方が多いのではないでしょうか? でも、その分ゴミの量が増えて、エコからほど遠くなってしまっては、地球環境問題が取りざたされる今の状況に矛盾していますよね。

そこで今回は整理収納アドバイザー・コーチングののぞみさんに、毎日の家事からなくしたり、考え方を変えたりしたことで“ゴミがグッと減った”アイデアを教えてもらいました。

1:消耗品のストック量を増やさないように管理する

洗剤ストック

出典: GATTA

洗剤や消耗品のストックを多めに持ちすぎていると、収納がストックでいっぱいになったり、まだ持っているのにまた買ってしまったり、と過剰な在庫の管理で困ることが多いもの。

筆者宅では日用品は自分の定番を見つけ、ストックの数は次に使う1つだけと決めています。「安くなっていたから」「2つ買うともう1つ付いてくるから」という理由で、多めに買わないようにしているんです。新しい洗剤が出て試してみたいと思い買ってきても、いろいろな洗剤の種類が増えてしまって、結局どれも使いきれない状態に。使い切れない洗剤をいくつも持ったままだともったいないですよね。

あまり多くのストックは持たないほうが無駄なく使えて、在庫管理や収納方法に悩むことも結果的になくなります。

2:揚げ油の処理はその日使った消耗品を再活用する

油の処理

出典: GATTA

以前は、吸い取るスポンジにしみこませてビニール袋に入れて処分していましたが、今はその日揚げ物に使用したキッチンペーパーや油除け、新聞紙を牛乳パックに詰めて、そこに冷ました油を入れてしみこませてから処分しています。このとき、空気をなるべく抜くのがポイント。

吸い取るスポンジを購入することが不要になり、さらに牛乳パックや使用済のキッチンペーパーの処分にもなるので、油処理がとても楽になりました。

3:ティッシュを置く場所を減らす

家の中でティッシュを置いている場所は何か所ありますか? リビング、キッチン、洗面所、その他各部屋に1つずつ置いているご家庭も多いと思います。手に届きやすいところにティッシュがあると便利である一方、意外と使いすぎてしまっていることも。

筆者宅では寝室のティッシュをそんなに使っていないことに気づき、置くのをやめてみましたが、全く問題がありませんでした。あまり使っていない部屋のティッシュは思い切って減らしてみてもいいかもしれませんね。

4:ゴミ箱の数を減らす

ゴミ箱

出典: GATTA

ゴミ箱も各部屋に置いているご家庭も多いと思いますが、筆者宅ではキッチンにゴミ箱を一つだけ置いて、リビングと洗面所には置いていません。各部屋にゴミ箱を置くとそれぞれのゴミの回収が手間になり、さらにゴミ箱に入れるビニール袋の準備も必要になるなど、いろいろと手間がかかりますよね。ゴミ箱を一つに集約すると、その手間は1か所だけに!

ゴミ袋も10Lの小さめのものを使用しているので、入れるゴミはなるべく小さくまとめていれる、ゴミが溜まったら早めに捨てに行くことが自然とクセづきました。不要なものを家の中に溜めておくことがなくなり、家中のものの巡回がよくなりますよ。

 

多くのものを溜めすぎない、小さめのもので試してみる、捨てる前に再利用して捨てる……など、どれも少しの見直しで家事の手間を減らし、さらにごみの量も減らすことができます。ものを増やさず、よりシンプルに暮らすための習慣をつくっていきましょう!

⇒こんな記事も読まれています

絶対ほしい!ラックスから『美女と野獣』限定デザインのヘアケアアイテム登場(AD)

貼って捨てるだけ!? 来年から大掃除が不要になる「汚れ防止アイデア」3つ