GATTA(ガッタ) > Hair > 美容室帰りのふんわり感を再現!不器用でもペタンコ髪に「ボリュームを出す」方法
hair

美容室帰りのふんわり感を再現!不器用でもペタンコ髪に「ボリュームを出す」方法

2021.01.09 20:30

夜寝ている間に、クセで髪がぺたんとする……。クセづいた状態で、忙しい朝ふんわり髪に仕上げるのはなかなか難しいですよね。しかし少し工夫するだけで、根本から立ち上がる立体的な“ふんわりシルエット”を再現することができます。

そこで今回は美容師の野澤琢眞さんに、誰でも簡単にふんわりシルエットに仕上げられるスタイリング術を教えてもらいました。

STEP1:適度に髪を濡らして「ドライヤー」をあてる

寝ている間は髪が摩擦で潰れてしまうため、そのままスタイリングするのは至難の技。なので朝起きたとき、寝ている間に潰れてしまった髪を一度濡らしてリセットする必要があります。

朝起きたらまず髪を適度に濡らして、ドライヤーを根元からあてることで髪の立ち上がりを復活させましょう。特に頭頂部の髪は潰れてしまっていると、スタイル全体のバランスが悪くなってしまうので、ドライヤーでふんわり仕上げたいですね。

STEP2:マジックカーラーで根元から立ち上げる

頭頂部のボリュームをドライヤーだけで出すのが難しい場合は、マジックカーラーを数本巻くことをおすすめします。マジックカーラーは薬局などで簡単に手に入りますよ。

頭頂部のボリュームがほしい場所に巻いていくのが基本ですが、ここで筆者流のひと手間! ボリュームを出したい部分はなるべく少なめに髪をとって、根元まで巻き込むようにしてみてください。そうすることで、根本から立ち上がるスタイルに仕上がります。

マジックカーラーは巻いた後は、ドライヤーの熱を加えましょう。時間のないときは冷風を使って冷ますと、より立ち上がってうまくスタイリングできますよ。

STEP3:「スタイリング剤」でふんわりとした質感を再現する

1、2で髪にふんわり感が出たら、最後にスタイリング剤を使ってよりふんわり感を演出していきましょう。

スタイリング剤はクリームタイプのワックスを手によく伸ばして、髪の量の多い順番につけていきます。髪の多い順番は後頭部、サイド、頭頂部、前髪の順番です。このとき根元にはつけないよう、髪の中間毛先に空気が入るようにつけていくのがポイント。

さらに長時間キープさせたい場合は、髪をつまんで固まるタイプのスプレーを遠くから噴射させてつけるようにしましょう!

 

この方法なら時間のない朝でも効率的に“ふんわりシルエット”に仕上げられるはず。

大前提として状態のいい髪質であるほど、朝の準備はラクになります。普段のヘアケアを念入りに行うことも忘れずに、より素敵なスタイルを目指していきましょう!

⇒こんな記事も読まれています

美容師直伝!脱ぺたんこ髪を目指す「ふんわりショート」スタイリング8選

ペタンコ髪とさよなら!? 美容師が教える「ショートヘア×ハイライト」3つ

パサつき、ごわつき、広がり…冬の髪の悩みに美容師おすすめのケア方法3つ(AD)


【画像】
Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)