GATTA(ガッタ) > Bodymake > 年末までに目指せ180度開脚!体が硬くてもOKな「柔軟ストレッチ」とは
18437
bodymake

年末までに目指せ180度開脚!体が硬くてもOKな「柔軟ストレッチ」とは

2020.12.19 20:30

なかなか難しい180度開脚。やる前から諦めている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ヨガインストラクターのNATTYさんに、年末までに180度開脚を目指す柔軟ストレッチを紹介してもらいました。

お風呂上がりや寝る前ベッドの上でもできるので、体が硬くても続けることができますよ。ぜひ覚えて、毎日続けてみてくださいね!

動画を見ながら…LET’S TRY!

(1)足裏を合わせて座り、ひざを上下に動かします。

(2)動きを止めて、背中をまっすぐにしたまま、できる範囲で体を前に倒しましょう。

(3)体を起こして、右足を横に、左足はかかとがおへその前に来るように伸ばします。

(4)両手を前に、右足つま先は上に向けたまま、上体をできる範囲で倒します。

(5)体を起こして、反対の足も同様に行ってください。

(6)最後に両足を無理のない範囲で開き、つま先を上に向けて、余裕があれば上体を倒しましょう。

(7)余裕があれば、骨盤を倒しながらお腹を床に近づけて、数呼吸しましょう。

ポーズをとるときのコツ

・深い呼吸を意識しましょう。

・肩や首まわりの力を抜きましょう。

・骨盤が後ろに倒れないように、どのポーズも骨盤を立てた状態で行いましょう。

・頑張りすぎず、リラックスした状態で行いましょう。

・筋肉が伸びて気持ちいいと思える範囲で行いましょう。

・無理やり反動を使って動きを行わないようにしましょう。

おすすめポイント

どの動きも、ゆったり数呼吸入れて反動をつけず、痛みのない範囲で行うようにしましょう。股関節周りをゆるませることで、足のむくみの解消や疲労回復、全身の血行促進を目指すことができますよ。

 

きっと続けることで、体にも心にも少しずつ変化が訪れるはず。体調にあわせて、自分ができる範囲でチャレンジしてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

メイクをしてもお疲れ顔?「マスク美人」を叶えるポイント3つ(AD)

デスクワークで体がカチコチ…仕事の合間にできる「肩スッキリ」柔軟ストレッチ

お風呂上がりのストレッチ、意味ないかも!? 知っておきたい「柔軟のコツ」

ヨガインストラクター
YES TOKYO STUDIO中目黒スタジオマネージャー兼インストラクター。
 2014年ヨガインストラクターとして活動開始。翌年2015年インド・ケララ州にあるアシュラムにてヨガ哲学を深める。帰国後都内スタジオでグループレッスン、パーソナルレッスンを中心に、オフィスヨガや企業主導型のイベントなどでも活動中。
2019年インドにてRYT500トレーニングを終了している。
ヨガインストラクターとしての実績はもちろん、雑誌や広告のヨガポーズ監修、ヨガモデルの活動も多く、数々のメディアに出演中。 近年はモデル単体の活動も増え、ご当地ビールのポスターやアウトドア雑誌の表紙などにも出演。