GATTA(ガッタ) > Hair > クセづいた分け目、膨らむ襟足…ショートヘアのお悩みを一気に解決するオーダー方法
hair

クセづいた分け目、膨らむ襟足…ショートヘアのお悩みを一気に解決するオーダー方法

2021.01.04 21:30

美容師の菊池紗希さんによると、お客様がイメージしている髪型と美容師がイメージしている髪型、それぞれが一致しなければショートヘアは特にズレが生じやすいんだとか

そこで今回は菊池さんに、カット時点でショートヘアにありがちな髪トラブルを解決する“オーダー方法”を教えてもらいました。ショートヘアでよく聞く髪悩みの「襟足が膨らむ」「ぱっくり割れた分け目がなおらない」ことを解決するカットの仕方を中心にお届けします。

美容師目線で解説!ズレが生じにくい「ショートヘアのオーダー方法」

理想の髪型があった場合、写真を用意してもらって美容師とゴールを共有することが一番認識のズレが起こりにくいです。

それにプラスしてイメージを共有する際、理想の髪型を伝えるだけではなく、「いつもこの部分が気になる」「こんな髪トラブルに悩まされている」のような普段のスタイリングで悩んでいることも一緒に伝えるようにすると、より理想の髪形に近づきやすくなります。ヘアスタイルのイメージを共有できても、普段の髪悩みまで伝えてくれるお客様は意外に少ないんですよね。

オーダー方法1:クセが目立ちにくいように「襟足」を長めにする

襟足の生え方は人それぞれ。短めで収まりがいい人もいますが、クセが出やすかったり、長さが出てきたときに膨らみやすかったり、と自宅で扱いづらくなる場合もあります。

そんな「襟足が膨らむ」「クセがついてしまう」と悩む人は、襟足が指でつまめるくらい長めに残してもらうと、クセを自分でも直しやすくなるのでおすすめ! 

オーダー方法2:分け目割れが目立たないように「レイヤー」を入れる

「トップの毛がペタッとしやすい」「分け目に分かれクセがついてしまいやすい」そんなお悩みを持つ人は、トップの毛に少しレイヤーを入れて軽めの毛を作ってもらうと、ふわっとしたシルエットに仕上がります。

ぺたんこ髪になってしまうお悩みは、スタイリングの仕方、ドライヤーの仕方など改善策はたくさんありますが、ヘアスタイルをオーダーする時点で“トップにレイヤーをいれてもらうこと”が筆者が一番おすすめしたい簡単な方法です。難しいスタイリングやめんどくさいヘアケアなしに、カットだけでふんわりシルエットが再現できるのが魅力。

 

カットの仕方次第で解決できる髪トラブルもあります。ぜひ次回ショートヘアをオーダーする際の参考にしてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

パサつき、ごわつき、広がり…冬の髪の悩みに美容師おすすめのケア方法3つ(AD)