GATTA(ガッタ) > Fashion > 【150㎝台コーデ】ダサ見えしているかも…!? 着膨れしやすい「NGニット」5選
着膨れしないニットの着こなし術
fashion

【150㎝台コーデ】ダサ見えしているかも…!? 着膨れしやすい「NGニット」5選

2020.12.12 22:00

冬のおしゃれの必需品といえば、やっぱりニットですよね! そんなニットを小柄さんがバランスよくおしゃれに攻略するには、体型に似合うニット選びが重要。

そこで今回は、着膨れしないために小柄さんができれば避けたほうがいいNGニットをご紹介します。あわせてスタイルよく着こなせる正解ニットもチェックして!

NGニット1:ヒップが隠れる「ロング丈ニット」

今季も人気のゆったりニットですが、小柄さんが選ぶときは“着丈”に要注意! ヒップがすっぽり隠れる“ロング丈”は、バランスが悪く見える危険大。なので、避けるのがベターです。

【正解ニット】ヒップにかかるくらいの「コンパクト丈のニット

パンツやロングスカートともバランスが取りやすい、ヒップにかかるくらいのコンパクト丈を選ぶとGOOD!

NGニット2:袖のたくし上げができないニット

旬のオーバーサイズのニットはもちろん、大きめニットを買う際は、袖を上げることができないデザインはNG。小柄さんの場合、どうしても袖が長くなることが多く、袖が長いままだと着せられた感が出てしまいます。

【正解ニット】袖をたくし上げできる」ニット

素材やシルエットに注目して、たくし上げができるニットを選ぶと◎。これなら多少大きめのニットでも難なく着こなせます。

NGニット3:「深めVネックの大きめゆるニット

身幅や肩にたっぷりゆとりのあるビッグシルエットと深めのVネックは、小柄さんが着ると、ずるっとルーズな印象になってしまいがちに。

【正解ニット】「浅めVネックのざっくりニット

Vネックの開き具合が浅めで、身幅もほどよいゆとりが出せるデザインを選ぶのが正解! 今どきのゆるっと感を出しながらも、バランスよく重たく見せないで楽しめます。

NGニット4:「深めのUネック」のニット

小柄さんが着ると間延び感が出てしまう、首元が深く開いている“Uネックニット”も避けたいところ。

【正解ニット】「クルーネック」のニット

首もとの開きが“Uネック”より浅い、“クルーネック”タイプを選ぶとGOOD。開きすぎない首もとはより上品にキマるので、脱・幼見えにも一役買ってくれます。

NGニット5:スリット無しのロング丈ニットワンピース

最後は、今やすっかりお馴染みの“ニットワンピース”。なかでも、旬のロング丈とオーバーサイズは、小柄さんが着るとどうしても重たく見えたり、着せられた感が出てしまったりと難しさがありますよね。

【正解ニット】:スリット入りのロング丈ニットワンピース

裾のサイドにスリットが入っているものを選ぶと◎。これにより、適度な抜け感が生まれ、すっきり着こなせるんです。

さらに、足さばきも良好なので、歩きにくいというニットワンピースのあるある問題も解決してくれます。

 

いよいよニットが手放せない季節になり、今年は何を買おうか迷っていた方も多いのではないでしょか? ぜひ今回ご紹介したことを参考にお気に入りのニットを見つけてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

メイクをしてもお疲れ顔?「マスク美人」を叶えるポイント3つ(AD)

【画像】
※Mauro Del Signore、sama_ja、DKSStyle / Shutterstock.com