GATTA(ガッタ) > Fashion > 脱・同じ服に見える問題!オンオフ活躍「きれいめジャケット」の1週間着回しコーデ
きれいめジャケットの1週間着回しコーデ
fashion

脱・同じ服に見える問題!オンオフ活躍「きれいめジャケット」の1週間着回しコーデ

2020.12.05 21:00

秋冬おしゃれのお悩みといえば“アウターの着回し問題”。コーディネートが変わっても、アウターはいつも同じなので、コーデがマンネリ化してしまいがちですよね。

そこで今回は、大定番&今シーズン注目の“きれいめジャケット”を使った1週間着回しコーディネートをご紹介します。オン&オフで大活躍する“きれいめジャケット”は今季ゲットして損はないですよ。

STYLE1:×タートルネックニット

きれいめな着こなしに仕上げたい日は、手持ちの“タートルネックニット”を合わせて。ワントーンでまとめると、今っぽくてGOOD!

ジャケットがオーバーサイズなら、旬の“ゆるニット”を合わせるのもおすすめです。

STYLE2:×甘めブラウス

女っぽいきれいめな着こなしに仕上げたい日は、バンドカラーのブラウスやボウタイなど、上品見えする甘めブラウスを合わせるのがおすすめ。

また、ブラウスやシャツの袖を通さず、ジャケットを肩掛けすればこなれた雰囲気に仕上がりますよ。

STYLE3:×ロングワンピース

人気の“ロングワンピース”と合わせれば、大人シックなムードが演出できます。真冬は“ロング丈のニットワンピース”にシフトするのもいいですね。

ジャケットは袖まくりをして、おしゃれ上級者っぽく仕上げるがおすすめ!

STYLE4:×ロングTシャツ

かっちりしたジャケットに、“ロングTシャツ”でカジュアルダウンさせた着こなしも素敵ですね。

今どき&おしゃれ度アップを狙うべく、ジャケットは“肩がけスタイル”で。ぐんとこなれたムードに仕上がります!

STYLE5:×フーディ

今季もトレンド継続中の“フーディ”で着崩して、ヘルシーに仕上げるのも今っぽいですね。ジャケットのきちんと感と、“フーディ”のほどよいカジュアル感のバランスが絶妙なんです。

ジャケットスタイルがかっちりしすぎると避けていた方は、ぜひ一度カジュアルなスタイルを楽しんでみて。

STYLE6:×デニムスタイル

デニムで“抜け感”を演出したスタイルもおすすめ! ただし、ハンサムになりすぎないように、ヒールやバッグ、インナーなどでフェミニン要素をプラスするのがポイント。

休日のデニムスタイルやオフィスカジュアルにぜひ!

STYLE7:×ベルトON

簡単なのに、いつものジャケットが劇的に変化! それが、いつものジャケットに“ベルトをON”するだけというプチ技。ベルトの太さ、色によって印象もガラリと変わるので、いろいろ楽しんでみてください。

 

オン&オフで頼りになる“きれいめジャケット”は、インナーや合わせるボトムス、小物遣いで劇的に印象チェンジできます! ぜひジャケットを楽しむ際の参考にしてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

「なんかいいにおいする…」って言われるかも!周りと差をつける香りのまとい方(AD)

【画像】
※DKSStyle、Creative Lab、Luca Ponti 、Ferruccio Dall’Aglio、Mauro Del Signore 、Pierre Teyssot 、Oana Oachesu  / Shutterstock.com