GATTA(ガッタ) > Hair > むやみに濡らすだけじゃダメ!? 乾燥して多発する「アホ毛」の正解ケア5選
スプレー
hair

むやみに濡らすだけじゃダメ!? 乾燥して多発する「アホ毛」の正解ケア5選

2020.11.24 21:00

なんだか最近アホ毛が増えてきた……と感じる方もいるのでは? 乾燥する冬場はアホ毛が増えやすいですよね。

そこで今回は、冬に多発する”アホ毛”の直し方”をご紹介。これを機に正しいお手入れ方法を習得しましょう!

1:ミストタイプのトリートメントを使う

アホ毛を目立たなくする方法の一つ目は、十分に保湿ケアをすることです。

ドライヤーで乾かす前にミストタイプのトリートメントを使うのがおすすめ。アホ毛はまだ新しい髪なので、ハリやコシが少なくほかの髪になじむことができないのでどうしても目立ってしまいます。補修タイプのトリートメントで栄養を与えることによってほかの髪に馴染みやすくなりますよ。

2:ドライヤーで押さえつける

アホ毛はドライヤーを使うことで目立たなくすることができます。頭頂部や分け目のあたりのアホ毛はとくにやわらかく、表面に出てくるので目立ちやすいです。

この表面に出てきたアホ毛を、ドライヤーで上から下に押さえつけるように乾かします。

アホ毛といえど髪の毛ですのでドライヤーの熱である程度操作することができます。朝、髪の表面を少し濡らしてからドライヤーで仕上げるとかなり目立ちにくくなりますよ。


【もっと詳しく】
抜くのは絶対ダメ!朝にケアすれば1日安心「美容師直伝アホ毛対策」3つ

3:油分のあるスタイリング剤を使う

後ろ姿

出典: GATTA

アホ毛は乾燥すると余計に目立ってしまうので、油分を補給するスタイリング剤がおすすめ。

ただ、根元部分にスタイリング剤をつけすぎてしまうと、ペタッと潰れたスタイルになってしまうのと、毛穴の詰まりの原因になるので少量の塗布を心がけてくださいね。


【もっと詳しく】
美容師が教える!簡単すぎる「アホ毛」の対処法4つ

4:ドライヤーの冷風で押さえる

ドライヤーの“温風”を髪に当てると形がつきやすいため、全体を乾かし終わったら“冷風”を当てましょう。

上から冷風を当てることにより、髪にハリとツヤが出て、なおかつアホ毛がキレイに収まりやすくなりますよ。

5:コームにヘアスプレーを振って、根元から梳かす

コーム

出典: GATTA

おすすめは、“コーム”を活用する方法。コームにヘアスプレーをふり、根元からゆっくりと梳いていきましょう。

根元のボリュームを残しながら、アホ毛を目立ちにくく仕上げることができるのでとてもおすすめです。


【もっと詳しく】
ドライヤーの温風はダメ!? 「アホ毛」を目立たなくするNG対処法&正解テク
「なんかいいにおいする…」って言われるかも!周りと差をつける香りのまとい方(AD)

 

実はたくさんある“アホ毛対処法”。やり方次第では、短時間でヘアスタイリングが完成するものもありますね。

自分に合ったものを取り入れて、冬場の乾燥も乗り切りましょう!

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。

【画像】 buritora、 Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)