GATTA(ガッタ) > Interior > インテリアのプロ3人に聞いた!面倒な家事がグッと楽になったルーティン【場所別】
簡単な掃除
interior

インテリアのプロ3人に聞いた!面倒な家事がグッと楽になったルーティン【場所別】

2020.11.15 21:30

一つひとつは単純作業でも、積み重なると面倒なのが“家事”。おうち時間をきっかけに、自炊や掃除の回数などが増えた方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、インテリアのプロに“面倒な家事が楽になったルーティン”を聞きました!

場所ごとにおすすめのルーティンをまとめたので、ぜひ参考にしてくださいね。

1:無駄な作業がなくなった「洗い物」ルーティン

夕飯を作り終わってひと段落……かと思いきや、残っているのは大量の洗いもの。思わずため息が出てしまう方もいるのではないでしょうか?

インテリアのプロによると、”無駄な作業をなくす”ことがポイントなんだとか。頼れるアイテムには頼って、効率的に家事を進めていきましょう。

■調理道具を先に片付ける

調理道具

出典: GATTA

調理で使った道具は、汚れが落ちやすくなるよう、食事をしている間にお湯でふやかしている方が多いと思います。

けれど、汚れた調理道具が山のように積まれたまま、食後に汚れた食器がプラスされてしまっては、置き場所にも困り、やる気も失せてしまいますよね。

そこでまずは、できる限り食事の前に調理道具を片付けることを心がけましょう。

ボウルや菜箸などは調理中に並行してサッと洗って片付けるなど、習慣を見直すだけで随分違います。

そして、洗い物の手間を省くために、時間がかかる調理道具を選ばないよう心がけることもポイント。

例えば、魚焼きグリルには、器にもなるグリルパンやアルミホイルを使えば、洗い物の負担は一気に軽くなりますよね。

熱いうちにサッと水洗いするだけで片付けられる鉄製のフライパンを愛用するなど、よく使う調理道具は“片付けに時間がかからないもの”を吟味することも大切です。

■食器拭きに布巾を使わない

食器ふき

出典: GATTA

1日の台所しごとの仕上げといえば、食器を拭いた布巾の後始末。除菌をして、しっかりすすいで乾燥して……と、意外と手間がかかりますよね。

気を抜くと、すぐに臭ってしまうのでサボることもできません。

そんなときは、思い切って布巾をやめて、使い捨てのペーパーに変えてしまうのも手です。

最近は、何度か洗って乾かして使えるキッチンペーパーもあるので便利。布巾よりも薄地で乾きやすい点も、食器拭きに使いやすいポイントです。


【もっと詳しく】
新たに買い足す必要なし!実際に負担が軽減した「洗い物」ルーティン

2:面倒な水回り掃除がラクになった「洗面所掃除」ルーティン

つい、掃除をさぼりがちな”洗面所”。しかもそこだけ掃除をするのも、地味にめんどうですよね。

そんな洗面所の掃除は、ほかの家事と組み合わせて行うのがおすすめです。いつもの家事にひと手間加えるだけで、洗面所をきれいにすることができますよ。

■洗面所掃除は洗濯の前に行う

洗面所

出典: GATTA

毎日使う洗面所は、いつでもキレイを保ちたい場所ですよね。しかし、小さなスペースである洗面所は、ついつい掃除を後回しにしてしまいがち……。

そんな洗面所は、“ついで掃除”をルーティンに組み込めば、ストレスなくキレイを保ちやすくなるはずです。

洗面所のついで掃除におすすめのタイミングは、“洗濯機を回す前”。

手順はシンプルに、洗面ボウルをサッと磨き、飛び散った水はね汚れを洗面所で使っていたタオルで拭き取るだけ。そして、汚れたタオルをそのまま洗濯機へ。

もちろん、洗面ボウルを磨くスポンジも、サッと手に取れる位置にスタンバイさせておくことを忘れずに。

洗濯機を回す前のタイミングに、ついでの一手間を加えるだけで、汚れやすい洗面所をキレイにキープできるはず!


【もっと詳しく】
プロが見つけた!面倒な「洗面所&トイレの水回り掃除」をすべきタイミングとは

3:仕事から帰宅して寝るまでの「お片付け」ルーティン

個別の個所の掃除がすんだら、次は全体を見回してみましょう。

帰宅した際や一日が終わる終わりなど、タイミングを設けて細かく掃除をするのが賢いルーティンなんだそう。

特に一日の終わりにある程度部屋をすっきりさせておくと、次の日のスタートもスムーズですよ!

■流れで簡単な掃除をする

簡単な掃除

出典: GATTA

持ち帰ったものの仕分けが終わったら外干ししていた洗濯物をとり込んで、床を床拭きシートで掃除する。

簡単な掃除が終わったら夕食を作って食べ、食べ終わった食器をシンクに運んだついでに食器を洗う。

ポイントは何かをしたついでに流れで次の動作を行うことです。慣れてくると、考えなくても体が自然に動き、面倒に感じなくなりますよ。

■部屋をリセットする

部屋

出典: GATTA

1日の最後には、明日を気持ちよく迎えられるようにリビングのリセットをします。

どの程度片付けるかは人それぞれですが、以下の3つのルールを決めると部屋が汚れにくいです。

(1)テーブルの上を片付ける

(2)床にものを置かない

(3)出したものは元の場所に戻す

寝る前のたった5分の片付けで翌朝のテンションが全然違うのでおすすめですよ。


【もっと詳しく】
今日から試したい!収納のプロが実践する「お片付けナイトルーティーン」
ドラッグストアでもう迷わない!プロに聞いた「うるおい肌」を叶える洗顔料選び(AD)

 

毎日する家事を効率的に行えれば、空き時間も増えるはず。上手に時間を使って、さらに充実した日々を送りたいですね。

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。