GATTA(ガッタ) > Hair > 失敗したくない!美容師に聞いた「はじめてでも扱いやすい」ショートヘア3選
hair

失敗したくない!美容師に聞いた「はじめてでも扱いやすい」ショートヘア3選

2020.11.13 20:30

「顔が大きく見えそう」「扱いがうまくいかなかったらどうしよう」短く切った髪は戻らないので、ショートヘアにするのに勇気が出ない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は美容師の今泉孝記さんに、はじめてでも扱いやすい“似合わせショートヘア”を教えてもらいました。今泉さんによると、ショートヘアは1番おしゃれが楽しめるヘアスタイルなんだとか!

1:パツッとラインのある「前下がりボブ」

まずは、パツッとラインのあるボブスタイルをご紹介します。実はボブは誰にでも似合いやすく、1番チャレンジしやすいカタチなんです。そのなかでも、重さの残ったパツッとしたラインのボブは特におすすめ!

内巻きにも外ハネにもできる長さにすることで、顔のカタチはもちろん、好みやその日の気分に合わせて、印象がガラッと変えられるスタイルです。自然に丸くして優しい雰囲気を演出したり、パツッと外ハネにしてモードな印象を楽しんだり、と色んな楽しみ方ができるのも魅力。

すこしだけ前下がりなラインにして顔まわりに長さを残すことで、はじめてばっさり切る方でも安心できる長さに。ウェットな質感で仕上げるのが今っぽいですね!

2:短すぎない「丸みショートボブ」

次は、しっかりショートっぽくもあり、適度な長さが残ったヘアスタイル。いきなりガッツリ短くなるのは不安……、そんなときはこのくらい自然な長さのあるカタチがおすすめです。

段差があまりつかないので、普段のスタイリングが簡単なのはもちろん、ナチュラルに仕上げても丸みがでてきれいに収まるので、女性らしさが出てくれるのも魅力。程よく軽さも作ることで、柔らかな印象のショートボブに。

スタイリングが簡単なのも、チャレンジしやすくなる理由としては大きいですよね。ショートっぽさも楽しみたい方は、思いきってこのくらいまでばっさり切っても可愛いかも!

3:ナチュラルな長さの「ショートロブ」

最後はナチュラルな長さを残したロブスタイル。ショートボブより、少し長めのスタイルなので、ロングヘアからバッサリ切りたい方にぜひ挑戦してみてほしい! 肩につくかどうかくらいの長さは自然なイメージになるので、アレンジも楽しみたいなんて方には1番チャレンジしやすいかもしれません。

毛先にはしっかり厚みを残すのと、段差をあまり入れないのが扱いやすくするコツ。毛先にパツッとした厚みがあることで、まとまりやすくお手入れも簡単です。

肩につく長さははねやすいので、あえて巻いたりせずにそのままクリーム系のワックスを揉み込むだけでも、グッとおしゃれさが演出できますね! ハイライトを細かく入れて軽さを作るのも、動きが出ておすすめです。

 

はじめてでも挑戦しやすい“攻めすぎないショートヘア”をご紹介しました。

いつもショートなあなたも、ばっさり切りたいあなたも、ぜひ今回ご紹介したスタイルで新しい自分を楽しんでくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

乾燥髪・肌が加速するかも!? うるおいを仕込む「お風呂美容」のススメ(AD)