GATTA(ガッタ) > Hair > 今年のニットコーデにぴったり!大人の雰囲気をまとえる「垢抜けロブ」
ロブ
hair

今年のニットコーデにぴったり!大人の雰囲気をまとえる「垢抜けロブ」

2020.11.10 22:00

本格的な冬がきている感じがしますね。とにかく寒い毎日ですが、最近はニットやタートルネックのお洋服を着ることが増えてきました!

冬のファッションは可愛い印象になりがちですが、どちらかというと大人っぽく、可愛いというよりかは綺麗、すれ違ったときにいい香りがしそうな魅力的な人になりたい方に美容師のmiyuriさんがおすすめするのは、冬物のお洋服に合うロブ!

ボブだと首まわりがモコモコしすぎてしまって、膨らんでみえるので、ある程度長さがあるのおすすめなんだとか。

そこで今回はmiyuriさんがロブのオーダー方法を伝授! ぜひ参考にしてください。

まずは長さの設定!

長さはやはり鎖骨にあたって毛先がはねるくらいがおすすめです!

乾かしただけで外ハネになる長さが1番楽ですし、冬物のお洋服は夏物よりボリュームがあるので、ヘアスタイルは少しボリュームを抑えたいもの。

鎖骨にあたって毛先が外ハネになるくらいの長さはナチュラルなボリューム感とスリーク感がでるので、今年流行っているチャンキーニットなどには合わせやすいです!

大人の雰囲気を出すなら「巻きすぎ」厳禁!

今回、1番お伝えしたいのは、巻きすぎないこと! 大人の余裕のある雰囲気をだすには、ナチュラルさが大事です。

肩にのるくらいの長さで自然に跳ねるくらいのナチュラルさ。

自然にはねるくらいの長さなので、もしアイロンで巻く場合は「カールをだそう!」という感じではなく、スルーしてカーブをつけるくらいが良いと思います!

こちらは巻いていないスタイル。ストレートのスタイリングはスリーク感があって、ボリュームあるニットにはもってこいです。

そしてなんといっても朝のスタイリング時間が短くなるので楽ちんです!

前髪ありと前髪なしでは…

前髪ありだと大人の雰囲気の中に可愛らしさがでますね! 長さはそんなに短くしすぎず、目の上くらいにしましょう。

前髪横の毛の流れも自然な感じがベストです!

前髪なしの場合は思いっきり大人雰囲気を楽しんでください! 顔まわりが自然な立ち上がりになるかきあげ前髪もおすすめです。

 

ロブといっても、巻き方、前髪のありなしでかなり印象が変わってきますよね!

ぜひ、自分のなりたいイメージを決めて美容師さんに相談してみてください。

⇒こんな記事も読まれています

乾燥髪・肌が加速するかも!? うるおいを仕込む「お風呂美容」のススメ(AD)