GATTA(ガッタ) > Hair > 美容師直伝!おしゃれ&小顔見えも叶う「おくれ毛」の巻き方【保存版】
hair

美容師直伝!おしゃれ&小顔見えも叶う「おくれ毛」の巻き方【保存版】

2020.11.05 22:00

お洒落さんのアレンジを見よう見まねでやってみるものの、なかなか難しいセルフアレンジ。大切ポイントのひとつは、小顔見えや垢抜け感を出すための“おくれ毛”。

そこで今回は美容師のSERINAさんに、セルフアレンジしたときの後れ毛の作り方をご紹介してもらいました。

おくれ毛の場所によってコテの使い方を変えると上手にできるかも! 動画を見ながらぜひやってみてくださいね。

小顔見えも叶う!おくれ毛の巻き方

※動画で使用しているコテの太さは26mm、温度は140度です。

(1)4か所に後れ毛を取ります。

a.伸ばしかけ前髪部分

b.前髪のすぐ横の部分

c.こめかみ部分

d.もみあげ部分

b、cは、特にM字部分の薄い方はしっかり取ってあげましょう!

(2)aを外ハネに巻きます。この時、中間からコテを入れ毛先にずらしてコテが少しななめになるように外します。

(3)bを外巻きで巻きます。bの外巻きは、コテが縦になるように巻きます。この時も中間からコテを巻いて軽く全体も型がつくように巻きます。

(4)cを内巻きで巻きます。この時も中間から巻きます。あまり根元付近から入れすぎるとゴロンとなりすぎるので注意しましょう。

(5)dを外巻きで巻きます。bの巻き方と同様。中間からコテを入れ、縦巻きで外巻きにしていきます。

(6)最後オイルをつけます。

(アレンジしている場合、後ろのアレンジ部分と同じ質感になるように同じスタイリング剤を使ってあげましょう)

 

おくれ毛の束の量は、お好みでやってみてください。練習して、セルフアレンジのクオリティを上げていきましょう。

⇒こんな記事も読まれています

ショートボブ必見!1分でできる「超簡単セルフヘアアレンジ」5つ

簡単なのにこなれ感あり!ゴム1本で完成「ひとつ結び」ボブヘアアレンジ

ノンシリコンを勘違いしているかも!? 美容家に聞いた「シャンプー」の選び方(AD)