GATTA(ガッタ) > Hair > 短めのボブでもOK!ゴムだけ&たった1分で垢抜ける「お団子アレンジ」
お団子
hair

短めのボブでもOK!ゴムだけ&たった1分で垢抜ける「お団子アレンジ」

2020.10.30 20:30

朝の限られた時間の中で、凝っている風なアレンジがしたい。髪の毛が短くても、可愛いアレンジがしたい。いつものスタイリングがマンネリ化、新しい引き出しが欲しい。

今回は美容師の菊池紗希さんが、そんな方におすすめの、1分で楽に垢抜けられるお団子アレンジをご紹介! 使うのはゴム3本だけです。

1:スタイリング剤(オイル、ワックス)をしっかり付ける

このとき、髪の毛が短ければ短いほど、まとめたときにボサボサになりやすいです。

艶や束感を出したり、今っぽい質感にするという目的もありますが、まずはこれからするアレンジが崩れないようなベース作りが大切です。

スタイリング剤をしっかり付けることによって、1日アレンジが可愛くキープできます。

2:1つにまとめる

コツは、キュッとまずはタイトに結ぶこと。

ラフなアレンジが可愛いですが、まずはできるだけタイトにキュッと結びましょう。お団子の土台がしっかりしていないと、この後崩してラフにしていく上で、ボサボサになってしまう可能性があります。

3:2で結んだ部分をまた結び、お団子を作る

このとき、お団子の大きさは大きくても小さくても大丈夫ですが、髪の毛が短めの方は、お団子を小さめにしておきましょう。

まだラフに引き出さず、タイトなお団子で大丈夫です。

4:お団子の余った髪の毛を結び目に巻きつけて、ゴムで留める

結び目を、毛束で隠すことによって少し凝ったお団子に見えます。短めのボブの方でもやりやすいお団子なので挑戦しやすいですよ。

5:最後に、バランスを見ながら崩していきます

10本単位で放射線状に引き出すイメージで崩しましょう。真後ろは見えづらく難しいですが、放射線状に引き出すことを意識すると意外と簡単!

その都度、鏡で確認して上げると、崩しすぎてボサっと見えてしまうのを回避できますよ。

また、結び目を手で持って固定しながら反対の手で引き出す方とより、崩れにくくなります。

 

ヘアカラーが可愛いと、普通のお団子でも可愛くなります! 黒髪の方でも、ゴムを色が付いているものを使ったり、ゴールドピンなどを付けたりすれば、垢抜けたおしゃれヘアになれますよ。

ゴム3本、慣れたら本当に1分でできるアレンジ。寝癖が付いている状態でも、“いい感じ”になれるアレンジです。ぜひ、お試しください!

⇒こんな記事も読まれています

ダメージレスな髪へ!プロ級のヘアケアを自宅で再現する方法(AD)