GATTA(ガッタ) > Hair > 重たくならない!ツヤ髪にみせる「ブラウン&ベージュ系ヘアカラー」3つ
hair

重たくならない!ツヤ髪にみせる「ブラウン&ベージュ系ヘアカラー」3つ

2020.10.20 20:00

涼しい日が増えて、秋冬らしさを感じようになってきましたね。秋冬になると、お洋服も重たく見えがちなものが多いため、あわせてヘアカラーを変える方が多いのではないでしょうか。重たく見えがちな印象をヘアカラーで軽さを出しつつ、ツヤ髪を演出していきましょう!

そこで今回は美容師の今泉孝記さんに、ツヤ髪にみせてくれる“ブラウン&ベージュ系カラー”を教えてもらいました。

1:深みのある「アプリコットオレンジ」

まず一つ目のスタイルは、オレンジ系の“アプリコットオレンジ”カラー。秋といえば、こっくりとしたオレンジ系のカラーが思い浮かびますよね。

日本人に似合いにくいとされるオレンジ系カラーですが、実は深みのあるブラウンと混ぜたカラーを選べばあわせやすくなります。

オレンジ系は思ったよりも明るい印象になりやすいので、色素を濃く入れて深い印象にみせてあげることは大切。暖色系のカラーは髪の毛のツヤ感を強調してくれるので、美髪効果もバツグンです。

ただ暗くするだけだと重たく見えがちなので、色味をしっかり入れたカラーリングで遊びを出すのがおすすめ!

2:柔らかな印象「シアーベージュ」

次のスタイルは明るさと柔らかさのある“シアーベージュ”カラー。

「ベージュ系カラーは、毎回普通の茶色に仕上がる」そんな経験ありませんか? もしかすると、元の赤みが強いのかもしれません。

元々赤く抜けやすい方はなかなかベージュに染まりにくいので、少しだけオリーブとラベンダーの入ったシアーベージュ系を選ぶことで、抜けてきたときもキレイに仕上がるように。

ベージュ系は落ち着いていながら透明感も出るので、重くなりがちな秋冬のお洋服も軽くみせてくれますよ。

3:王道「ラベンダーグレージュ」

最後のスタイルは、王道になりつつあるグレージュにラベンダーを加えたカラーリング。ラベンダーの色味が入ることで、ほんのり柔らかな印象と落ち着きを与えてくれます。

グレージュ系のカラーは濃く入れる分、室内と屋外で見たときに明るさの違いが出やすい色なので、お仕事にあわせた明るさを選んであげるといいですね。

軽めのショートと合わせることで、グッとおしゃれな雰囲気のスタイルになれるので、「茶色になるのはイヤ……」なんて方は一度チャレンジしてみては?

 

同じブラウン&ベージュ系カラーでも、少し色合いを変えるだけで印象がまったく違いますよね。ツヤ感を演出してくれるカラーに染めて、乾燥しやすい秋冬も美髪をキープしましょう!

⇒こんな記事も読まれています

ダメージレスな髪へ!プロ級のヘアケアを自宅で再現する方法(AD)