GATTA(ガッタ) > Bodymake > 体が硬くても1か月で180度開脚が実現!? 今日から始める「1回30秒」の柔軟ポーズ
1
bodymake

体が硬くても1か月で180度開脚が実現!? 今日から始める「1回30秒」の柔軟ポーズ

2020.10.15 22:00

股関節まわりが柔らかいと、どのようなメリットがあるかご存じですか?

ヨガインストラクターのyuukaさんによると、姿勢の悪さをリセットしたり、下半身のぽってり感を軽減したり、さらにはむくみや冷えを緩和したり……さまざまな効果が期待できるのだとか。

ある程度の柔軟性があれば、基本的なケアはバッチリですが、せっかくなら180度開脚も目指したいですよね。

今回は、yuukaさんに、体が硬い人におすすめの180度開脚を目指すストレッチを教えていただきました。

股関節のストレッチ

(1)床に座ります。

(2)左脚を伸ばします。右脚のひざと右足先をつかみます。

2

出典: GATTA

(3)右脚の付け根を回すようにしてひざで円を描くようにします。

(4)30回程度しっかりと動かしましょう。

(5)反対側も同様に行います。

お尻のストレッチ

(1)仰向けに寝ます。

(2)両ひざを曲げて左の足先を右ひざの上におきます。

(3)両脚を持ち上げて右ひざをつかみましょう。

(4)息を吸います。息を吐きながら両脚を胸に引き寄せていきましょう。

(5)この時お尻が床から離れすぎないように意識しましょう。

4

出典: GATTA

(6)左のお尻が伸ばされているのを感じながら30秒程度キープします。

(7)反対側も同様に行います。

太ももの内側をストレッチ

(1)両脚を肩幅の倍程度に開きます。

(2)両ひじをつきます。

(3)両脚先は足の裏同士を近づけるようにしましょう。

3

出典: GATTA

(4)息を吸います。

(5)息を吐きながらお尻を後方へ引き、かかとにお尻を近づけていきます。

(6)この時、開いた両脚の幅が狭ければ、さらに開きます。

5

出典: GATTA

(7)息を吸いながら元の位置まで戻ります。

(8)ゆっくり呼吸にあわせて繰り返しながら、30秒程度続けましょう。

寝ながらストレッチ

(1)仰向けに寝ます。

(2)両脚を開き、足の裏を壁に乗せましょう。

(3)両脚の内側に両腕を入れて、腕で両脚を開きます。

(4)この時ひざを開く意識ではなく、お尻も内腿も意識して開脚していきましょう。

1

出典: GATTA

(5)脚の力を抜いて、重みで両脚が開いていくのに任せ、30秒程度キープします。

 

体が硬いと、脚を開くこと自体が辛いですよね。

少しずつでも、ほぐしながら開脚ができるように準備するのが近道! 力まず、無理に引っ張らず、心地よく行ってみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

可愛すぎる!ダヴから「ラプンツェル」限定デザインのボディウォッシュが新発売(AD)

体が硬すぎて開脚どころではない人も!1日5分だけで柔軟性UPを目指すストレッチ

体が硬くても困らないって思ってない?ガチガチ体がNGな理由

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」