GATTA(ガッタ) > Hair > この秋大人気!美容室でオーダー急上昇中の「垢抜けロブ&ミディアムヘア」3つ
hair

この秋大人気!美容室でオーダー急上昇中の「垢抜けロブ&ミディアムヘア」3つ

2020.10.13 20:30

「ずっとショートヘアだけど飽きてきたから伸ばそうかな」「今までロングヘアだったから、ばっさり切りたいけどいきなりショートは怖い」季節の変わり目は、イメチェンしたいけどどんな髪型にするか迷う人が多いはず。そんな人におすすめしたいのが、今美容室でオーダー急上昇中のロブ&ミディアムヘア!

そこで今回は、美容師の今泉孝記さんがこの秋おすすめしたい“ロブ&ミディアムヘアスタイル”を教えてもらいました。

1:ハイトーンカラーとマッチする「大人ロブスタイル」

一つ目のスタイルは、ハイトーンベースにハイライトを細かめに入れた大人ロブスタイル。

肩につくかつかないかくらいのロブは、丸みが出やすくボーイッシュになりづらいカタチなので、短すぎるのは勇気がでないけどスッキリ見せたい人におすすめです。

ただ長さが残っていて丸みがあるので、黒髪だと重たく見えすぎてしまうことも……。そんなときは明るめのベージュ系カラーを入れて、遊びのある雰囲気を演出することで、柔らかな印象に仕上げていきましょう。

2:ハイライトを散りばめた「外ハネロブ」

次は、パツッとしたラインの外ハネロブスタイル。

ロブの長さは、肩にぶつかってハネやすい長さ。頑張って内巻きにアイロンを使ってあげるのもいいですが、逆にハネを利用して“外ハネ”に巻いてしまうのがおすすめ!

毛先が軽くなることで、より外ハネに仕上げやすくなりますよ。見た目はパツッとした重ためなカタチでも、内側は軽くしてもらうよう美容師にお願いしてみてください。

細かなハイライトと合わせることで、秋冬に洋服が重たくなってきても軽さが演出してくれます。

3:ラベンダーカラーで透明感を演出「ミディアムウルフ」

最後のスタイルは、段差のしっかり入ったミディアムウルフ。

肩を越えるくらいまで長さが出てきたら、思い切って段差を入れることでウルフっぽい雰囲気にチャレンジするのが今っぽい! 段差が入ることで軽い雰囲気になるのはもちろん、自分でスタイリングするのも簡単にカタチがつきやすく、巻き髪も簡単に仕上がります。

ただ、軽さのあるスタイルは、明るすぎると乾燥して見えやすかったり、パサついたりするのが嫌ですよね。そんなときは“ラベンダー系のカラー”にチョイスして黄色味を抑えることで、ナチュラルで透明感のある印象に仕上げていきましょう。

ワックスを揉み込んで、クシャクシャッと無造作ヘアを楽しむのもおすすめですよ。

 

今回は長さのあるロブ・ミディアムヘアをご紹介しました。長さのあるカタチこそカラーと組み合わせることで、より可愛く、大人の落ち着きを演出しやすくなります。

この秋冬はただ長めなヘアスタイルだけではなく、一味違ったおしゃれなスタイルにぜひチャレンジしてみてください!

⇒こんな記事も読まれています

ダメージレスな髪へ!プロ級のヘアケアを自宅で再現する方法(AD)