GATTA(ガッタ) > Interior > それ、家事の手間が増えるだけかも!? 買うのをやめた「トイレグッズ」4つ
トイレ表紙
interior

それ、家事の手間が増えるだけかも!? 買うのをやめた「トイレグッズ」4つ

2020.10.07 21:00

トイレは運気アップのためにも、いつも清潔&きれいにしておきたい場所。しかし、狭い空間なので、隅っこにホコリもたまりがちですよね。掃除をサボってしまうと、ホコリと汚れがたまったトイレになってしまうことも……。

そこで今回は整理収納アドバイザー・コーチングののぞみさんに、“買うのをやめたこと”でこまめなお手入れができるようになったことを教えてもらいました。

1:トイレブラシ

トイレブラシ

出典: GATTA

トイレブラシは、清潔に保つことはなかなか難しいですね。使い捨ても試してみましたが、芳香剤のにおいが苦手でやめました。

今は、汚れ落ちが期待できるトイレ洗浄剤を見つけて愛用しています。トイレにかけるだけで面倒なこすり洗いが不要になる洗剤もあるので、自分のライフスタイルあった洗剤を選択するのがポイント。

2:お掃除シート

トイレ床

出典: GATTA

筆者はお掃除シートを使っていません。トイレットペーパーを折りたたんで、アルコールを吹き付けて便座や床の拭き掃除します。お掃除シートよりもトイレットペーパー+アルコールのほうが、ちょっとした汚れに気づいたときさっと拭くことができるので、こまめな掃除ができるように。

筆者は、朝一番にトイレに行くタイミングで、サッと拭き掃除をしています。

3:カバー、マット、手拭きタオルなどの布類

トイレタオル

出典: GATTA

トイレの布類は、洗濯のタイミングを忘れてしまいがち。さらに、マットやカバーは厚手で乾きにくいなど手間が多かったので、すべてやめました。マット類がないほうが汚れをサッと拭きとれて、掃除がぐんとラクになります。

普段はトイレからすぐ近くの洗面所で手洗いするため、手拭きタオルも来客時にかけるだけにしました。

4:ペーパーホルダーカバー

トイレットペーパー

出典: GATTA

ペーパーホルダーのカバーは付けていません。予備のペーパーは上の戸棚にありますが、子どもは背が届かないため、ひとつだけ丸い籐のケースに入れて水道管の上に乗せています。

子どもも簡単に取り換えることができるので、トイレットペーパーを換える名前のない家事も解消できました!

 

トイレ掃除は新たに取り入れるというよりも、身近にあるモノでどう代用するかを考えると、スッキリした状態を目指しやすいです。特に、床にモノを置かないようにすると、ペーパー+アルコールでの拭き掃除がしやすくなるので、清潔な床を保つことができますよ。

いつもの掃除グッズを見直して、もっとラクにピカピカトイレを目指しましょう!

⇒こんな記事も読まれています

クセがない種類豊富なルイボス!? リプトンで「カフェインレス生活」を楽しむ方法(AD)

洗剤は買わなくてOK!? 掃除が面倒なら「なくてもいい」トイレグッズ4選