GATTA(ガッタ) > Bodymake > 頑張っているのに意味がなかった!? ウォーキングをする前にやるべきストレッチ
ウォーキング3
bodymake

頑張っているのに意味がなかった!? ウォーキングをする前にやるべきストレッチ

2020.09.24 21:00

ダイエットを目指して、頑張って毎日ウォーキング。なのに、なかなか効果が出ない……と悩んだことはありませんか? 実はウォーキングにはコツがあります。間違った方法で続けていると、余計にゴツ脚をなってしまうことも。

そこで今回はヨガインストラクターのyuukaさんに、ウォーキングをするときに気をつけるべきことと、ウォーキング前にやりたいストレッチを教えてもらいました。

歩くとき「姿勢」によっては脚が太くなる可能性も!?

猫背や反り腰など、人それぞれの姿勢のクセがあります。骨盤は地面に対してまっすぐ垂直(やや前傾)に立っている姿勢がバランス良く、全身の筋力を満遍なく使える“太りにくい体型”を維持しやすいのですが、骨盤が傾いていると、歩くたびに太ももの負担が倍増し、ゴツ脚になりかねません。

歩くとすぐに疲れる、歩いた後はむくみやすい……などに当てはまる方は、ウォーキングをする前、姿勢を整える“簡単ストレッチ”を取り入れてみましょう。

その1:運動量アップを目指す「ウォーキング前」のストレッチ

ウォーキング3

出典: GATTA

(1)両脚を肩幅の2.5倍程度左右に開いて立ちます。

(2)上体をかがめて、両手をひざの内側へ。お尻を後方へ突き出すように背中をそらします。

(3)息を吸います。息を吐きながら左手で脚を後方へ押し、上体を右にねじっていきます。

(4)このとき上体をそらすようにしながら腰を下方へ落とし、左の太ももの内側が気持ちよく伸びるようにします。

(5)息を吸いながらポーズをゆるめ、息を吐きながら反対側も同様に行いましょう。

(6)5回ずつ程度行います。

その2:太ももの後ろ側を伸ばすストレッチ

脚が疲れやすい方、太ももの前側が張りやすい方は、太ももの後ろ側もよく伸ばしておきましょう。

ウォーキング

出典: GATTA

(1)両脚を腰幅に開きます。

(2)前かがみになって、ひざの上にひじをつき、お尻を後方へつきだします。

(3)前方を見るようにして、背中が丸まらないようにしましょう。

(4)太ももの裏側がしっかり伸びるように、お尻をしっかり突き出して20秒キープします。

ウォーキング2

出典: GATTA

(5)立ち上がり、骨盤が安定したところで胴体の真上に頭を乗せ、姿勢を整えます。

(6)お尻を誰かに押されているようなイメージで、腰全体を前に押し出しながら歩くようにイメージしてください。

 

特に太ももの後ろ側をストレッチした後に、歩きやすくなっていたり、歩くスピードが自然に早くなっていたりすることに気づいたら、しばらくこのストレッチを続けてみてください。

歩くときはとにかく“姿勢”が大切! 目線を下げた姿勢もNGです。ぜひ一度試してみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

ウォーキング前にやりたい!効率よく「運動量アップ」を目指すヨガストレッチ

運動量UP!? ちょっとした4つのコツで効率的なウォーキングを目指す

【パサつき・広がり・ぺたんこ髪】夏の三大髪悩みに!美容師直伝ヘアケア(AD)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」