GATTA(ガッタ) > Interior > 袋がなくなって困った…「レジ袋を使わない」プロ宅の家事アイデア3つ
ゴミ箱オープン
interior

袋がなくなって困った…「レジ袋を使わない」プロ宅の家事アイデア3つ

2020.09.18 20:30

レジ袋の有料化が始まり、レジ袋を家事で再利用、活用されていたご家庭は袋がなくなって困りますよね。整理収納アドバイザーのmaachiさんも、最初は困ったそう。

そこで今回はmaachiさんに、レジ袋をつかわない“家事のアイデア”を教えてもらいました。別の物を代用して、もっと家事を簡単に楽しくしましょう!

1:袋交換の手間がラクになった「セリアのゴミ袋」

レジ袋がなくなって、袋をどうやって手に入れるか悩んでいる人も多いはず。筆者はゴミ捨てがラクになる袋を“新たに買うこと”で、レジ袋時代よりもゴミ捨てに手間がかからなくなりました。

セリア商品

出典: GATTA

セリアに売っている便利なゴミ袋『次が使いやすいゴミ袋』をご存じですか?

ロール状に袋が巻き付いていて、そのロールのままゴミ箱に入れ込みます。ゴミでいっぱいになった交換の際は上の袋を引っ張ってちぎり、次の袋を引っ張り出すだけ。

今まで新しいレジ袋を取りに行ってゴミ箱にセットして……を繰り返していたのと比べると、かなり時短になりますし、ゴミ回収がとてもラクに感じますよ。レジ袋のように取っ手もないので見栄えもいいです。家族もこの袋に変えてから、積極的にゴミ袋交換をしてくれるようになりました!

10L、15L、20L(大きさによって枚数が違います。)とサイズ展開が豊富にあるので、自宅のゴミ箱に合わせて選んでみてくださいね。

2:見た目も手入れもラクに「折りたためるゴミ箱」を活用

キッチン

出典: GATTA

今まで筆者宅のキッチンでは上記の写真のように、レジ袋を引っかけて使っていました。使い勝手は悪くはないのですが、見栄えにどうしても生活感が出てしまっていたのが悩み。袋の中のゴミも丸見えで見た目が美しいとはいえませんよね。

さらに、レジ袋のような耐久性に優れたタイプであることを前提としているため、レジ袋が有料の今はそれに見合う袋を見つけるのが大変。

ゴミ箱オープン

出典: GATTA

そこでレジ袋有料化を機に、折り畳み式のゴミ箱を購入! セッティングも簡単ですよ。袋は取っ手のついていないものでも大丈夫なので、100均ショップなどで安くてうすい袋を見つけたときに買いだめしています。

使わないときは折りたためて、見た目もレジ袋の時よりすっきりしてとても気に入っています。突然の来客も怖くないですね!

シンプルなデザインなので、簡単に丸洗いもできるのもポイント。

3:お買い物の必需品「エコバッグ」は3つのポイントで選ぶ

レジ袋が有料になり、エコバッグを持ち歩くことも増えましたよね。せっかく毎日持ち歩くなら、お気に入りのエコバッグを使いたい!

筆者がよく持ち歩いているのは写真の2つ。

エコバッグ

出典: GATTA

エコバッグを購入するとき、注目してほしいポイントは3つあります。

(1)無地かどうか
(2)軽いかどうか
(3)簡単にたためてコンパクトになるかどうか

無地である理由はお洋服を選ばないためです。柄物も可愛いですが、どうしても洋服を選んでしまいますよね。長期的に使えて、さらに夫婦で兼用できる色のエコバッグを選んでおくと、後々便利です。

また、毎回持ち歩くので軽さも重要! 使用後に、パパッと畳めることも時短につながります。毎日使うことを前提とした機能性を重視しましょうね。

 

レジ袋がなくても視点を変えると、むしろ便利な代用品があったり、アイデア次第では家事の時短や楽しさにつながったりします。ぜひ自分にあった“レジ袋に頼らない生活スタイル”を参考にしてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

あたり前をやめてみるだけ!ラク家事につながる「ゴミ箱」配置のコツ

ゴミの片付けが圧倒的に楽チンに!プロ直伝「画期的なゴミ箱収納テク」3選

最近働きすぎてない?おうち時間が増える今知りたい「リフレッシュ方法」(AD)