GATTA(ガッタ) > society > 仕事も恋愛も行き詰まりを感じたら!見終わったあと「前に進む元気が出る」映画3選
出典:
society

仕事も恋愛も行き詰まりを感じたら!見終わったあと「前に進む元気が出る」映画3選

2020.09.25 22:30

仕事も恋もうまくいく人の共通点とはなんでしょう? 「あの子は」「どうせ私は」といつも自分と他人を比較していたら、仕事も恋も思いっきり楽しめないもの。

そこで今回は映画セレクターのMIRIさんが、仕事もプライベートも充実させるヒントが詰まったおすすめ映画を教えてくれました。

1:ありのままの自分が一番素敵「アイ・フィール・プリティ」

自分の容姿にコンプレックスを持ってしまう経験は、少なからず誰にでもあるはず。

主人公レネーは、自分のさえない容姿を理由に恋もキャリアもあきらめモード。自分を変えたいと思いながらも、なかなか行動に移せずにいました。そんな彼女があるハプニングから、“絶世の美女”に生まれ変わったと勘違いしたことからストーリーは急展開!

自信に満ち溢れたポジティブ思考に、諦めていた恋も仕事もたちまち好転し始めます。

周りから笑われようと、自分を愛して止まないレネーは自信たっぷり。そんな姿に、自然と周囲もレネーの魅力に引き込まれていきます。

本作のテーマは、“ありのままの自分が一番いい”ということ。体型や見た目ではなく、本来の自分らしさを自分自身が認めてあげれば、女性は輝いて見えるのだと教えてくれます。

何かに踏み出したいときに、いつも“自分”が邪魔してしまうと感じている女性にこそぜひ観て欲しい作品です。

【商品詳細(DVD情報)】
バップ 『アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング』
Blu-ray & DVD発売中 
※この情報は2020年9月時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

2:肩の力を抜けば、仕事も恋もうまくいく「幸せのレシピ」

マンハッタンの高級レストランで料理長を務める完璧主義者の主人公ケイト。突然の事故で姉を失い、残されためいのゾーイとともに暮らすことになります。

そんななか仕事場には、ケイトと正反対の明るく陽気な性格のニックが副料理長として迎えられることに……。慣れない生活やニックとの仕事にいらだちを募らせていくケイトですが、次第にニックに心を開き恋に発展していきます。

仕事に没頭するあまり、ついつい自己流の方法や“こうあるべき”を周囲に求めすぎてしまう。恋愛も同じく相手に期待して、結局自分が苦しんでしまう……。そんな人に贈るヒューマンラブストーリーです。

いくつになっても自分の気持ちに嘘をつかずに、“素直”でいることがうまくいく鍵。一生懸命生きる毎日の中で肩の力を抜くことの大切さ、そこから得られる多くのことに気づかせてくれるはずです。

【商品詳細(DVD情報)】
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント『幸せのレシピ』
Blu-ray / 2,381円(税抜) 
※この情報は2020年9月時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

3:うまくいかないなら、違った意見を取り入れるべし「男と女の不都合な真実」

“男女の恋愛観のギャップ”をテーマに描かれるラブコメディ。

美人で優秀なテレビプロデューサーのアビーのもとに、番組視聴率アップのため迎えられたパーソナリティのマイク。下品な恋愛相談で視聴者を惹きつけるマイクに怒り心頭のアビーですが、どうしても成就させたい恋の相手コリンの登場を機に、恋愛指南をマイクに頼むことにします。

凝り固まったアビーの恋愛観や仕事観を打ち砕いていくマイクに、自然とアビーも惹かれていき……。

年齢を重ねるごとに、人の意見を聞き入れなくなるのは怖いこと。自己流に行き詰まっていると感じたなら、たまには周りの異なった意見を取り入れてみることも大事かもしれません。仕事も恋も、常に新しい自分にアップデートすればいつもと違った扉が開くはずです。

【商品詳細(DVD情報)】
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント『男と女の不都合な真実』
Blu-ray / 2,381円(税抜) 
※この情報は2020年9月時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

 

悩み、苦しみながらも仕事もプライベートも突き進む! そんな主人公たちに自分を重ねれば、うまく乗り越えるヒントが見つかるかもしれません。今よりも少しでも前進したい人はぜひチェックしてみてください。

⇒こんな記事も読まれています

新しい刺激、ほしくない?仕事に恋に奮闘するあなたを勇気づける「海外ドラマ」4選

これからどうする?「将来に対するモヤモヤ」を打破するヒントが見つかる洋画4選

【パサつき・広がり・ぺたんこ髪】夏の三大髪悩みに!美容師直伝ヘアケア(AD) 

※価格は編集部調べ

【参考・画像参照元】
※バップ、ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント