GATTA(ガッタ) > Hair > ハイライトが効果的!? 美シルエットが続く「長持ちショート」のオーダー方法3つ
hair

ハイライトが効果的!? 美シルエットが続く「長持ちショート」のオーダー方法3つ

2020.09.11 20:30

普段からショートヘアにしているとやっぱりすぐに崩れてくるのが気になりますよね。なかなか美容室に行けないときにセットが決まらないとイライラするもの。

そんなあなたのために今回は、美容師の今泉孝記さんに、ショートでも持ちのいいスタイルのオーダーの仕方を伺いました。

1:パツっとボブ

ひとつ目のスタイルはパツっと段差のないボブスタイル。

実は髪は、必ずえりあしが1番早く伸びます。えりあしが1番短くなるようパツっとさせたボブにすることで、伸びてきても形があまり崩れずキープしやすいんです!

ただ、重くしすぎるとボリュームが気になりやすいので、内側をしっかり軽くするのがポイント。ラインがハッキリある感じはウェットに仕上げるとおしゃれに見えますよ。

美容師さんにオーダーするときには「すこーしだけ前下がりのパツっとしたボブがいいです!」と伝えてみるのが〇

2:前髪長めのショートヘア

ふたつ目のスタイルは前髪を長めに残したショートヘア。

しっかり短めで軽さのある雰囲気のショートはどうしても伸びたときにバランスが崩れやすいもの。そんなときは前髪を長めに残すだけでバランスがキープしやすくなります!

どうしても前髪があるスタイルだとサイドが重くなりやすく、なにより前髪が目にかかって我慢できない……そんな経験があなたにもあるはず。そんなときも前髪長めショートの場合は顔周りの髪がフェイスラインをカバーしてくれるので雰囲気が変わりすぎません!

美容師さんに「前髪は長めだけどしっかり軽くしたい!」と伝えられればOK。

3:ハイライト×ショートヘア

最後のスタイルは番外編でハイライトの入ったスタイルです。ハイライトが入っているだけでカラーが伸びて気になりにくいのはもちろん、実はスタイル自体長持ちさせられるんです。

明るい髪と暗めの髪が混ざることで、伸びても重く見えすぎず、立体感のあるカタチをキープできます。遊びをつくりたいときだけではなく、持ちをよくしたいときにもハイライトにチャレンジしてみるのがいいかも!

長めのボブにすることで長持ちさせるのにはさらに相性がいいです。美容師さんには「細かめのハイライト」とお願いしてみるとベスト!

 

「言葉で説明するのはなかなか難しい!」という場合は、写真を見せるのが1番簡単なので、気にいった写真はスクショがおすすめです!

「あまり美容室に頻繁に通えないけどショートにしたい!」というときにぜひ参考にしてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

思ってたのと違う…!美容師目線で解説「髪型の失敗をなくす」オーダー方法

美シルエットが3ヶ月間つづく!? 美容師直伝「長持ちショートヘア&ボブ」3つ

【パサつき・広がり・ぺたんこ髪】夏の三大髪悩みに!美容師直伝ヘアケア(AD)