GATTA(ガッタ) > Interior > 手間が減ってラクになった!お風呂に置くのを「やめてよかった」モノ3つ
お風呂
interior

手間が減ってラクになった!お風呂に置くのを「やめてよかった」モノ3つ

2020.09.04 21:00

お風呂場は湿気が多く、カビやお掃除の手間に悩まれている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は整理収納アドバイザー・コーチングののぞみさんに、すっきりとしたお風呂場をキープするために“置くのをやめたモノ”を教えてもらいました。

1:バスマット&バスタオルをやめて「すべてフェイスタオル」に

バスマット

出典: GATTA

筆者宅では、厚手のバスマットと大きいバスタオルは使っていません。バスタオルは、どうしても使いたい夫用だけあります!

どちらも乾きにくく洗濯も手間なので、薄手のフェイスタオルを使っています。浴室で体を拭いてから出るので、足の裏をさっと拭くにはフェイスタオルで十分。

筆者と子ども達は、ガーゼフェイスタオルで体を拭いています。薄手のガーゼタオルは柔らかで肌触りがよく、洗濯後も乾きやすいので愛用しています。

2:バススポンジと専用洗剤はなくてもOK

スポンジ

出典: GATTA

バススポンジとお風呂掃除用洗剤もありません!

スポンジは、セリアで売っている5個入りの“キッチンスポンジ”を使用し、毎月1日に交換しています。バススポンジより柔らかいので、浴槽、鏡、蛇口、シャワーヘッドの周り……とあらゆる場所を包み込むように洗えますよ。

お風呂用掃除洗剤の代わりに、筆者はシャンプーを使っています。シャンプーには界面活性剤が含まれていて、皮脂や垢などのタンパク質の汚れを落とす効果が期待できます。強めの掃除用洗剤では手が荒れやすくなるので、シャンプーなら手荒れの心配がなくて安心です。

最後にお風呂から上がった人が、スポンジに少しシャンプーを付けて浴槽や鏡などを軽く洗い、週末で念入り掃除をしています。毎日さっと洗うことで、鏡や蛇口のステンレスに水垢が残りにくく、くもりのないきれいなお風呂場をキープしやすく!

3:詰め替えをもっとラクに!タオルハンガーに浮かせて水切れよく

シャンプー

出典: GATTA

シャンプーやボディソープの詰め替えボトルもやめました。

以前は詰め替えボトルに詰め替えていましたが、そのたびに中を洗って乾かすことがとても手間でした。

詰め替え用のカバー『スマートホルダー』に替えてから、詰め替えパックのキャップをとって取り付けるだけなので、手間要らずでとってもラクに! 最後まできっちり使いきれるところも無駄がありません。

『スマートホルダー』は、タオルハンガーの上に置いています。浮いているので水切れがよく、ヌルヌルもなくなります。使い間違いがないように、あえて外装が見えるように取り付けているのもポイント。

「今まで使っていたモノを、よりお手入れしやすいモノに替える」「お風呂場専用にこだわらず、家の中の代用できるモノを使って掃除する」ちょっとしたことを意識するだけで、タオルや洗剤などの消耗品のストック管理がラクになり、日ごろの掃除やお手入れの手間も減らすことができました。

毎日のお風呂を快適に過ごすために“やめてよかった3つのアイデア”を、ぜひ取り入れてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

当たり前を「やめてみる」だけ!洗面所がスッキリする工夫3つ

なくしたら快適に!「トイレに置くのをやめてよかった」3つのモノ

【パサつき・広がり・ぺたんこ髪】夏の三大髪悩みに!美容師直伝ヘアケア(AD)