GATTA(ガッタ) > Bodymake > キツすぎないから続く!スキニーが似合う美脚を目指す「お尻・脚エクササイズ」
脚
bodymake

キツすぎないから続く!スキニーが似合う美脚を目指す「お尻・脚エクササイズ」

2020.09.06 20:00

スキニーを履くときになるのは太ももやお尻から脚の付け根のライン。スカートのときは目立たないラインがはっきり出てしまうのです。

今回はヨガインストラクターのyuukaさんに、脚やせに取り組んでもなかなか効果の出にくい太ももやお尻から脚の付け根のラインやせを目指して、ピンポイントで効かせるエクササイズを紹介していただきました。

股関節を鍛えよう

股関節の筋力が弱い方は、歩くときや立つときに、脚に負担をかけてしまいます。太ももやふくらはぎがごつくなるのも、その影響を受けている場合が多いのです。股関節周りを鍛えると、お腹周りやお尻もすっきりし、姿勢も整うので下半身だけごつくなるような姿勢をケアすることもできます。

股関節エクササイズ

脚1

出典: GATTA

(1)床に座ります。

(2)左右の脚を開脚し、右脚のひざを曲げ、かかとを体の中心におきます。

(3)両腕を胸の高さまで引き上げ、ひじを軽くつかみましょう。

脚

出典: GATTA

(4)息を吸います。息を吐きながら右のひざで床を押し、左脚の付け根を内側方向へ回しながらお尻を起こしてひざ立ちになります。

脚2

出典: GATTA

(5)息を吸いながらお尻を下ろします。

(6)10回繰り返しましょう。

(7)反対側も同様に行います。

 

ひざ立ちになるときに、腰がまっすぐに起き上がるところまで立ち上がるのがポイント。どうしても辛い場合は、床に手をつきながらお尻を起こすところから体をならしてみてください。

軽く息が上がる程度の運動量です。休憩しながらでもOK。スキニーを履いたときの脚のラインの変化を楽しみにして、チャレンジしてみてくださいね。

⇒こんな記事も読まれています

寝たままでOK!下半身の引き締めを目指す「ダイエットメニュー」5選

スキニーを着こなしたい!お尻・太ももの引き締めを目指す「20回だけ」エクササイズ

最近働きすぎてない?おうち時間が増える今知りたい「リフレッシュ方法」(AD)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」